Kahan Plus

ビートルズのリマスター

いよいよビートルズのリマスター盤が発売されますね。

すでに予約は始まっていて、発売日は9月9日、これに伴って旧版は5月31日をもって出荷停止になっているそうです。

今回発売されるのは「プリーズ・プリーズ・ミー」から、「レット・イット・ビー」までのオリジナルタイトルと「マジカル・ミステリー・ツアー」「パスト・マスターズVOL.1&2」の計16枚14タイトル。このうち「プリーズ・プリーズ・ミー」から「フォーセール」までの4枚が初ステレオ化され、87年の初CD化の際に、ジョージ・マーティンがミックスし直した「ヘルプ」と「ラバー・ソウル」と合わせて、「パスト・マスターズVOL.1&2」以外は全てステレオで発売されるそうです。

リマスタリングは「ロンドンにあるEMIのアビイ・ロード・スタジオで、献身的なエンジニアのチームが4年がかりで施してきた。」そうで、2000年に発売された「1」もなかなかいい出来だったので、期待できそうな気はしています。ビートルズのような音楽は別にリマスターじゃなくても…という気もしなくはないですが、「1」を聴いてみるとやっぱりそれなりにいいんですよね。これから初めて買う人のことを考えた場合にはやはり良かったんじゃないかとは思います。

今回の満を持したリマスターは、少なくとも油が抜け切ったようなカサカサな音になっていたり、シャープ過ぎてカチカチ、キンキンだったり、音圧を上げ過ぎたり…なんてことはないと思うんですが、プリーズ・プリーズ~から46年、オリジナルマスターテープの劣化は気になるところです。クラシックの世界では、劣化したマスターテープよりはよほど新鮮な時にプレスされたレコードの方がいいと、「レコード起こし」なる方法をとることもあるくらいです。マスタリングポリシーにしても個々によって考え方も違うでしょうし、どうなるんでしょう、興味はつきません。

それにしても、予想はしていましたが1枚2600円(2枚組は3700円)とは強気な値段ですねー、こういうのは1800円で十分なんじゃないでしょうか?Amazonで出ている輸入盤で1995円ですから国内に来るだけで3割増!安く買うなら輸入盤に限りますね。HMVでマルチバイを使えばBOXセットが22594円、それかAmazonのマーケットプレイスによく出ている海外のショップから買うのが良いでしょうか、旧盤を持ってる人は取りあえずレンタルでも良さそうな気もします。自分は~どうしましょうね、9月9日発売と言えば、20日の誕生日に近いなぁ~(爆

とりあえず自分は来月8日に発売されるジム・ミューレン&ディック・モリシーの「UP」や、8月に出るMccrarysの「All Night Music」のが気になる…。

[`evernote` not found]

Categories: Music

ふらっと鴨シー » « F1分裂

6 Comments

  1. ビートルズかぁー懐かしいな。
    ウチの親が好きで毎日のように聞かされて育ちました。
    (たぶん2歳ぐらいから聞いてたよ)
    小学校の時は、下校音楽がイエスタデイ。
    休み時間もビートルズの曲が流れてた気が。
    誕生日にプレゼントしてあげようか?
    振込支払書つきで(笑)

  2. >>しみぽん
    自分もリアルタイムじゃ聴いてなかったんだけども、学生時代に聴いていたから、その頃を思い出すわ。
    それにちみだから言うんじゃないが、ポンキッキのバックでいつも流れてたから馴染みがあったんだよ。
    で、支払書などいらーん。

  3. レコードおこしするくらいなら、わからんくらいリミックスできるよ、なんだかんだいって、残ってるんだもん、オリジナルテープ

  4. >>Annaさま
    いかにオリジナルテープと言えども経年劣化は避けられません。1950年代後半~60年代前半のJAZZですと、最新のリミックスCDよりも、当時のオリジナルレコードの方が、遥かに音がいい結果になってしまっています。これをアビーロード・スタジオがどう処理してくるかは楽しみなんですが、ビートルズのオリジナルレコードは持っていないので比較できないのが残念です。

  5. ジョージ・マーティンが言うには、オリジナルテープはほとんど劣化してないそうですよ。
    ビートルズのレコードおこしなら、Dr.EBBETTSによるブートが高音質です

  6. >>レモーンどの
    おお、そうでしたか。それはいいですね、期待できそうです。とすると専ら時間を割いたのはステレオ化でしょうか。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑