Kahan Plus

Jazz Olympus! 《神田小川町》

しばらく疎遠になっている間に、お茶の水にはJazzの黄金ルートができていました。

Jazz Olympus!

先日、ユーノス500仲間で集まった時に、マイルス好きのメンバーから「お茶の水にいいJazzバー(喫茶)があるので、行ってみませんか?」と誘ってもらいました。聞けば、お茶の水には昨年11月に「diskunion Jazz Tokyo」という新たなJazz専門ショップもできたそうで、中古屋で活動後、Jazzバーで休憩…という理想のコースが堪能できるとあっては行かない手はありません。

というわけで、金曜日はdiskunion Jazz Tokyoで待ち合わせですが、お茶の水は懐かしいですね。高校時代と10年ほど前にデザイン系の学校に通いましたが、それらの美術系をはじめ、明大もあるので相変わらず若者だらけで活気があります。

さて、久々の中古レコード屋ですが、待ち合わせの2時間も前に乗り込んでの物色です。壁には35万!のトミフラをはじめ、垂涎のコレクターズアイテムが並びますが、今回のお目当てはBLUE NOTEのLIBERTYやUA盤のRVG刻印モノ。いわゆる価格の割にいい音がする…と言われるもので、ほぼ1000円台で買えます。

田舎に移り住んでからオークションなどのネット通販を使うようになっていたんですが、やっぱり直に買いに行く方が100倍いいですね。レコードはものがでかいんで、通販だとどうも送料がかさんでイケマセン。それにコンディションが結構あいまいで、通販のAランクよりもユニオンのBランクの方が遥かにいい印象。結局6枚ほど買い込んだところでマイルス氏も来られたので、JazzバーのOlympus!へ移動です。

Jazz Olympus!
Jazz Olympus!

Jazz Olympus!はビジネスホテル「昇龍館」がちょうど2年前に改築したおりに、そのテナントとしての(朝食を提供する場としても活用されています)位置づけでOPEN。エントランスや店内の雰囲気はホテルと一体感を持たせてシックなもので、おおよそ古来のJazz喫茶の様な猥雑で煙モクモクといった風情は皆無です。お店の名前はここのウリである大型スピーカーJBLのOlympusからきており、お昼は比較的小さめのボリュームだそうですが、夜は往年の名機をたっぷりと堪能することができます。

自分はこのスピーカーを見たのは恐らく初めてだと思うんですが、予想以上に粒立ちが良く、とてもきれいな音が出てくるのにはちょっと驚きました。でかい図体ゆえに(Jazzバーだし)もっと猥雑で低音を中心とした音のカタマリがドーンと飛んでくるような感じを想像していたんですが、低音も必要十分なレベルに抑えられているのには好感が持てました。これなら70年代のフュージョンあたりを鳴らしてもハマりそうですし、なにより店の雰囲気によく合っていますね。ただ、エヴァンスのピアノがちょっとヒステリックに聴こえるような面もあったので、今後のチューニングもまた楽しみです。

Jazz Olympus!

ところでこのお店は音のほかに食事もなかなかイケルそうで、とくにマイルス氏によると岩手あべ鶏を使った「赤いチキン・カレー(850円)」がオススメとか。そこで本来はランチでのメニューのところ、マイルス氏からお願いしてもらって夜に頂くことができましたが、まことにデリーシャスなお味!スイングしながら食べるにはもう最高ですが、これならたとえJazzに興味がなかったとしても、食べに来たくなるようなカレーでした。

途中からひとり増えたので、結局3人でとびきりのJazzとカレーを楽しみましたが、田舎ものゆえ帰宅時間を考えて泣く泣く22時にお開き、とてもいい1日となりました。(遅れてきた1名は閉店まで楽しんだらしい)

この界隈はレコード探しだけでなく、妻と浮世絵を見にきたりもするところなので、今後もことあるごとに通ってみたいスポットです。そうそう、併設のホテル昇龍館の利用者なら割引もあるそうなので、東京出張(旅行)の折りにはこのホテルをプッシュします。シングルだと8000円くらいで、旅の窓口などを通してもあまり変わらないようですが、大(中?)浴場もあるそうですし、じっくりJazzを楽しんで寝ることができますね。


Categories: Music

Red Bull Energy for Japan – 横浜元町 » « 菜園・剪定・草むしり

2 Comments

  1. 昨夜はお付き合いありがとう。いつ食べても美味いカレーです。飽きません。
    誰にも邪魔されずJAZZがゆっくりと楽しめる「男の隠れ家」的空間が非常に気に入っています。また行きましょう。
    自分も久々にアナログ盤をゲットし、帰宅後早速針を落としました。

  2. Kahan

    2011年6月5日 — 11:46 PM

    >>デューイどの
    先日はありがとうございました。ああいうところは仲間とはもちろん、ひとりで過ごすにもいいですよね。月イチではいきたいところです。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑