もともと定期購読には否定的だった小生だが、クルマ系の業界にある以上は、やはり一貫した情報源が欲しいと、比較作業をしていた。

クルマ系雑誌はそれこそ何種類もあって、それぞれに特徴もあるのだが、結局わが社は2年ほど通常購入を続けていたネコパブさんところの「AUTOCAR JAPAN」を選んだ。向こう2年間の契約である。
やはり視点がユニークな事と、本来当たり前の事なのだがジャーナリズムとしての体裁がきちんとしていて、ちょうちん記事率が低い(もしくは低いと感じられる)点を評価した。自動車評価がパフォーマンスに寄り過ぎな点はちょっとアレだが、N○○○やE○○○○誌のような前時代的ファッション&スタイルの押しつけや煽りよりはマシだ。日本版オリジナルと思われる連載にしても「駐車場批評」や「オーディオ批評」などなかなか面白いものがあるし、海外雑誌のニオイプンプンの紙面デザインもなかなか参考になる。それでいて価格も780円と手頃なことも重要項目。定期購読の割引率も最近アップした。