Kahan Plus

ユーノス500帰還

昨日、ディーラーから連絡があり、今日2日ぶりに500を引き取ってきた。

何度か試乗をしてもらった結果、異音の元はディファレンシャルではないかとのこと。ただギアオイルを入れ替えてみても大した改善はみられなかったらしい。さしあたっての安全上の問題はないために結局この問題はこのまま封印ということになる。
ディーラーには、代車を使わせてもらった上に、結構な時間をとらせてしまって申し訳なかったけれど、原因が分かっただけでも自分としては収穫だった。それでも売り上げゼロは申し訳ないので、フロントガラスの撥水加工とオイル交換をしてもらった。
来月に函館まで行くにあたって新オイルは気持ちいいだろうし、高速走行で虫がついても撥水加工してあればすぐにとれるだろうという思惑もある。
代車のランティスは楽しかったけれど、やはり自分の500は居心地がいいナ。


Categories: Car

着盤 Get to the Feeling / Pleasure » « 農薬散布

4 Comments

  1. やっぱり今見てもカッコイイクルマですね。
    アルファに通じるものを感じます。
    大事に乗ってることもよくワカリマス。

  2. smartkaさん>>
    こんにちはー。やっぱり大切にしたくなる(イストじゃないですけど)クルマがある事って素晴らしいですよね。小生にも貸してくれないほどKaを可愛がっているかみさんを見ていてもそんな風に思います。

  3. デフかぁー。よほど不具合がでているんじゃなければ、タイムリミット1年を切った車で替える部品じゃあないですね。
    ところでランティスのハンドリングはすっごくいいですよ。サスペンションがとてもいい。

  4. 堕民さん>>
    周期的な音がするというのはなかなか耳障りなものなんですよね。でもまあ、こういうのが出てくるので降りる事にしたわけだし…。仕方ないですね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑