Kahan Plus

最後のオイル交換

今日はユーノス500の最後のオイル交換をしてきました。

前回は函館前だったから、約5000~6000kmほど走ったと思う。純正オイルだし、1万キロは量さえあればとくに大きな問題にはならないのだろうけれど、やはりユーノス500(KF-ZE)はオイルで感触が大きく変わるクルマだけに、はなむけと言うほどではないが、交換をする事にした。
それでも、大金はかけられないので、ディーラーでたま~にやる1000円セールの時を待っていたのだが、1度見送ってしまったらその後なかなか行なわれず、廃車直前というのも無駄なので、タイヤ館でチケットを使い、1600円で交換した。フィルターは替えなかった。同時に行なわれた安全チェックでバッテリーが弱ってきているのと、フロントタイヤの溝を指摘されたが、これはもはやしょうがない。思えば足回りを一新し、その後10万キロでミッションをMTに載せ替えた頃に、おぼろげに感じたリミット16万キロ。これに向かって今、多くの部品や外装が収束を迎えようとしている。このクルマにかけたお金は決して少なくはないが、よくも悪くもかなり計画的にすすんだおかげで、言われるほどはかかっていない。その分次なる一歩が大きなものになってしまったが…。
今日はそれにKaの方もタイヤを交換した。今までBSだったものが、今回はピレリのP3000。165/65R13と言うサイズはなかなか選択肢がないが、込み込み4本で23000円となかなか安い。やはりタイヤはケチってはならないパーツのひとつだけに、ほどほどの大きさでないとメンテが厳しいと痛感した。ニュータイヤの感触は…運転させてもらえなかったのでわからない(笑)

[`evernote` not found]

Categories: Car

MONICA ZETTERLUND & BILL EVANS » « Live In Switzerland 1975

7 Comments

  1. お互いになぁんか寂しいよねぇ。フィエスタと500を並行して維持出来たのは、色々考えるのには良かったですよね。僕は残念ながら並行維持は出来なかったけど、ついに10万キロ達成には遠く及びませんでしたわ。

  2. 日曜にも関わらず珍しく朝早く起きたので、残り少なくなったユーノス500との想い出作りに出掛けようと思ったけれど、一週間後の集まりもあるし、その前になにかあったら大変なので・・・と布団の中で考えていたら、睡魔に襲われ二度寝をしてしまい、結局ちゃんと起床し

  3. むしゅ>>
    夕暮れの500…これはいつまでたっても捨てがたいんですよ。「500をただ眺めているだけの時間」を失うのはやっぱり寂しい。寂しいですよ。

  4. 寂しい3人目です。(笑)
    私も10万キロを目前に残念ながらのリタイヤです。
    でも、10年を超えて車を維持しましたが、目標を持って計画的に維持すれば、多少のイレギュラーはありますが、予定通りの調子で乗り続けることができることが判ったのは大きな収穫です。多くの友人ともめぐり合えたし、EUNOS500に感謝!万歳です。
    kahan会長ありがとうございました。これからはFORDJAPAN販売促進部長としてのご活躍を期待しております。(冗)

  5. 和尚様>>
    次の愛車(500の次の次)はFOCUS STで如何でしょうか。目にもとまらぬ速さでお宮を駆け抜け、しかし普段は職業柄目立たずにいられる。また大きくなったお子さん(実物の方ですよ)も楽に乗れるとくればこれしかありません。間違いない。

  6. なんかこう、最後のお勤めって感じですね…
    僕の場合は計画性なくダラダラ乗ってますし、そもそもイレギュラーの出費が多すぎて(笑…えません)、わかったことと言えば「車って、(カネかけて)直せば直るものなのね」と言うようなことくらいのもんです。
    いずれは流石に直しきれなくなるときが来るんでしょうが、それまではもうしばらく、ダラダラとユーノス500と付き合っていこうと思っています。

  7. 惰民さん>>
    自分はなんでもマネジメントしないと気が済まないたちなので、500に関してもこういう接し方になるんですけど、惰民さんのような接し方も出来ればなあと思う事もあります。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑