Kahan Plus

またやっちゃったよ

こないだKaとこっつんこしたばかりだと言うのに、またやってしまった。

今回の顛末はこうだ。
今日も三田の取引先に、徹夜で仕上げたデザイン案の打合せのために向かい、前回まではコインパーキングに停めていたところを、今回から社長が「うちの敷地内に停めてもいいよ」と言ってくれたのでありがたく停めさせてもらう事に。取引先はマンションの1室にあるので、マンションの駐車場というわけだが、これが実に狭い。左右ともにほとんど隙間がなく、柱の間だからドアも開くが、それでも壁に押し付けて開くような感じ。3ナンバーはちと無理だろう。また、普段はほとんど頭から入れて駐車する事はない小生だが、社長の誘導だったので仕方なく頭から入れる。そしてこの「頭から入庫」がいけなかったのだ。
打合せが終わって、クルマに乗り込み、また狭いところを出す際に、図のようなレイアウトになっている場合には、自然と赤い矢印のように右にちょっとだけステアリングを切って出そうと思うのが自然だろう。左側には壁が迫っているのだし、小生もなんとなくそうしていた。そしてアクセルを踏み込むと、左前から何やら変な音がして、目にタイヤが飛び込んできた。しまった!
左壁に立て掛けてあったタイヤを左フロントフェンダーで引っ掛けてしまったのだ。その際にバンパーが反り返ってしまったのだろう、本来は下に行くに従ってすぼまっているはずのフェンダーが、スカート状に広がってしまい、反った際に折れ曲がったのか、折れ線まで入ってしまった。

確かに入庫する際にはタイヤがある事を確認していたはずなので、出るときにちゃんと思い出し、まっすぐバックすればよかったのだから、誰でもない自分の責任なのだが、なんともがっくり。運転席からは見えないし、タイヤの存在を忘れてしまっていのでこうなってしまった。
ユーノス500の頃はまったくこんなことなかったのに、フィエスタと来たらほぼ1年のあいだに2回も…。500より大事にしていないなんて事はないはずなのだが。寝不足ではあってもその時はちっとも眠くなかったし、もう歳なんだろうか。とりあえず、帰りしなに近所の板金屋にもちこんで、直してもらう事になってしまった。あっためて曲げ直し、外れてしまったタイヤハウスのカバーをまた繋げてもらうのだ。
まあ、完璧にはならないだろうし、500の頃はもうバンパーを交換したいくらいだっただろうが、フィエスタはまあそういうクルマじゃないし、もうちょっとざっくばらんでいいような気もする。実際交換しようったって部品はそうそうすぐには入って来ないのだし。
2度ある事は3度あるとは言うけれど、もうこういうのはいやだなー。
そうそう、傷心の帰り道、お台場で偶然真っ赤な500を発見。真っ赤な500なんてそうそういるはずもなく、チャンスを狙って横に並ぶと、やっぱりナミ○イさんだった。でも「お茶でもしな~い?」と言えるほど元気ではなかった…。

[`evernote` not found]

Categories: Car

Fiesta ST Black Body Debut ! » « プジョー置き場

4 Comments

  1. 三田に来たなら寄ってくれれば。
    ウチの近所も狭い駐車場あるので、誘導します。両方やれば同じように…(笑)

  2. Yukizoさん>>
    ぜっっったい寄らないw。ギャル営立たせてたらヨソ見で一発で擦りそう。あれ?擦ったら立つ…逆かな?

  3. 傷心ってなんだろーって思ってたらこれでしたのねw
    うちの駐車場はこんな感じなので毎日ひやひやですよ?練習しに来ますか?w

  4. mika>>
    いや、狭いだけとか、モノがある事を把握してさえいるならこういう事にはならない(ハズ)なのだよ。ちっちゃいクルマなんだしねえ。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑