Kahan Plus

Ka帰還

昨日、修理からKaが戻って来て、今日残りのウィンドウフィルムを貼った。

症状のうち、エアコンの方はディーラーでも確認ができ、前回と同じ部品の交換となったために、無償交換となったが、エンジン回転の方は何度試乗しても症状が出なかったらしい。クルマの症状でこういったケースはままあるが、本当にもどかしい。担当メカと相談して見込みにはなるが、スロットルセンサー(部品No.7173046/?12705)と、そのハーネス(部品No.1150138/?6835)を交換した。浜野にはKaの整備コンテストで優勝した方がいるらしく、ちょっと頼もしいがやはり毎日使うものだけに故障はない方がいい。まあ、機械だし、輸入車だし、しかもエントリーカーだし、壊れてしまうのは仕方ないし納得もできるのだが、Kaはあちらでは生産の続いている現行車。弱い部分があるのであれば、対策品を出し、交換部品も対策されたものなら安心できるのだが、今回の場合には部品ナンバーが同じとの事で、とくに対策品ではなさそう。言ってみれば今後も同じトラブルが出る可能性もあるわけで、お金を払う以上ちょっとこの体制は情けない。
トラブルと言うほどのものではないが、ヘッドランプ内の結露がひどく、これもいずれは交換したいのだが、それもまた非対策の同じ部品ではなかなか気が進まない。
ただ、メカの方が言うには「例えまったく同じ部品を使ったとしても、ライン組み立ての場合と、後からの交換では注意して行なう分、若干信頼性も上がるはず」とのことで、それもまあ元が悪いと言っているようなものだが、とりあえずあれこれ考えずに信頼して気楽に乗った方が精神衛生上いいでしょう。
というわけで、帰って来たKaに今日、前回やり残したフロントサイドと、サンルーフへのウィンドウフィルム貼りをしてもらった。3面とも透明の断熱フィルムにしてもらい、これでKaの7つある窓のうち6つに貼ってあるわけだから当初よりは効果を感じられるはず。かみさんもやはり自分のクルマが帰ってくると嬉しそうだ。
すでに7万キロを後にしているが、まずはメーターが0に戻る10万キロを目指しましょう。

[`evernote` not found]

Categories: Car

梅雨明け! » « フィエスタのドア

2 Comments

  1. お疲れ様です!原因はセンサー系のようですね、アイドリング関係はエアコンとの兼ね合いが高いような感じがいたします。(私も以前エアコンを付けた時にアイドリングが高かったので…)ヘッドランプの結露も私もなっており気にしないようにしています(笑)
    ただ最近ミッションの変速時の音がちょっと気になるような…感じでございます。

  2. しょっぱーずさん>>
    やはりそろそろいろいろと出てくる頃ではありますね。ダンパー系はいつ替えようかと思っているところです。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑