Kahan Plus

錆が出てしまいました

フィエスタのドア内側に2カ所、両側遭わせて箇所に錆が発生しておりました。

元々今回の錆は同じフィエスタST乗りの方からメールを頂いたことから発覚したものだった。画像のようにドア(両側とも)のAとBの箇所の内側にご覧のような錆が発生しており、メールをくださった方のSTとまったく同じ場所が同じ症状であることから、構造上の問題のようだ。


今回の事で最初にディーラーに持ち込んだのは先月中頃で納車から13ヶ月。なんでもフォードの外装保証は1年間のため(錆による穴空きは別)、今回の修理に関してはFJLは全額負担してくれない(ディーラー持ちになってしまう)そうだ。しかし錆なんてものは見る人が見れば1ヶ月2ヶ月でできたものかどうかなどスグに解る事なんだろうし、なんとかFJLに対応してもらえないものだろうか。ディーラー持ちじゃお世話になっているだけにこちらも正直強く出られない。
結局今日からディーラーに預け、1週間から10日ほどかけて鈑金屋で錆を落とした上に再塗装ということになった。小生のディーラー側の調べでは、3ドア(ST)に限らず5ドアのモデルにも同じような症状を持つ個体が見受けられ、現在販売されているマイナーチェンジ版ではそれに対する対応がなされているようだ。そのため、少なくともヨーロッパフォード本社自体はこの症状を把握しているものと思われるが、現在のところFJLはリコールはもちろん、すべてのオーナーに点検を勧めるなどの処置はとられていない。そうすると言わば個別対応となってしまい、各個体によって対応処置に差が出てしまうことから、本来であれば修理内容のガイドラインを定めて欲しいところなのだが、実際のところFJLには責任がとり切れないと言う事なのだろう。修理代その他は生産者であるヨーロッパフォードにとってもらえればいいのにとも思うが、無理なのだろうか。

ともあれこれでまたしばらくフィエスタが手元からなくなってしまう。もうその辺の代車ではつまらなくてどうしようもないのだが、今回の代車はなんとフィエスタGLX!これがまたとても楽しくて、助かった。フェスティバ・ミニワゴンだったらどーしようかと言うところだ。


Categories: Car

戦利品 » « 旅のお供に~inMotion iM3c

6 Comments

  1. アハハ。フェスティバミニワゴンもチョイノリだったら問題ありませんが、やはりMTの楽しさを知るとおもしろく無いかもしれないですね~。そんなワタシもミニワゴンからフォーカスに速攻鞍替えしました^^;
    それにしてもサビですか…困りますね。何とかいい対応をして頂けることを願うばかりです。

  2. ヨーコさん>>
    いやいや~、素フィエスタ恐るべしですよ~。
    錆は不覚ながら教えてもらって初めて分かったので、みんカラ様々ってところでしょうかね。必要以上に騒ぐ事はないと思いますけども、長く乗りたいのでキチンと直したいところです。

  3. 見覚えのある黒フィエの画像が・・・(^^ゞ
    うちのもドアが錆ついてました。
    長在車だったんで購入後すぐに気が付きましたが錆取り&タッチアップで済ませちゃいました。(タッチアップペイントは無償でもらったし・・)
    まぁこういうところがスペインクオリティでしょうね(^_^;)
    国産では考えられないマイナートラブルは大目にみてます。
    因みに5ドアはストライカー側上部も錆びま~す。

  4. ヨコモンさん>>
    いやー、GLXかなりいいです。GHIAには数日試乗したことがあるんですが、あの感動がまたよみがえりましたよ。
    錆はもうついてしまったものですから、早く処置をしてまたフィエスタライフを楽しみたいですよ。

  5. GLX、ホント道具として使うのに最適でしょ♪(私も仕事用です)
    ちょいと喧しいけどあの価格でこの走りは感動モノ。
    きっと日本市場向けに開発されたアイシン製のATがいいんだと思います。

  6. ヨコモンさん>>
    なかなかのものですね。後日感想をアップしたいなーと思っています。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑