Kahan Plus

ダイハツ MUD MASTER-C

今年はお客さんが8万人減ってしまったと言う東京モータショー。

もっと減っているような気もしたが、約5%と思ったほどではないんですね。それでも、91年の201万人からは60万人近く減っているようです。
そんなモーターショー、あれこれと見て回って気に入ったのがダイハツのMUD MASTER-Cというモデル。もともと房総の林道をクルマで走ってみたい欲望があったので、ジムニーのようなクルマに憧れはあったんだけれど、これはその砂漠のラリーカーのようないでたちと言い、なかなかGOOD。たまにはこんなユルそうなクルマも楽しめそうでいいかなと思う。このままちょっと膨らまして、リッターカーでもいいかな。
紹介されていたような用途でももちろん面白そうだけれど、荷台を畳敷き(燃えにくい素材のね)にし、側パネルの低い位置に高さ20~30cm程度の窓を設けて、景色のいいところに行っては、茶など飲みつつ寛げるようにしてみたい。窓には網戸もあるといい。網戸って結構需要ありそうですが、不格好になるからかなかなかオプションカタログを飾りませんね。
富士のF1で、トヨタには怒り心頭で「もうトヨタは(三菱も)絶対買わんっ」と思っていたので、ダイハツというのはちょっと微妙なところ。
それにしても、モーターショーの帰り、やっぱりフィエスタSTの精緻な制御系を味わうと「ああ、やっぱりコレがええ…」と思ってしまった自分はユルいのは当分先送りかも知れない。

[`evernote` not found]

Categories: Car

26年振り » « ガソリン高いー

4 Comments

  1. これ良かったですよね!!
    50ccのモトクロッサーなら何とか乗るかも。
    トランポにしてモトクロス場で遊びたいです。

  2. ダイハツといえば先日ソニカに試乗しまして…ドイツ車のような味付けの走りに驚きました。

  3. 畳敷きの車と言うと、かなり前のいすゞのコンセプトカー「ZEN(禅)」を思い出します。
    イメージ検索の結果をURLに入れときますが、なんかちょっと、こう、スゴイと言うか(笑)。

  4. >>ちょめもどの
    だめです、ちょめもどのがこれを買ったら、中には猫タワーを2つ…
    >>れいんさん
    フォードやVW以外のメーカーは、為替を差し引いても高いので、良い国産車が出てきてくれるといいですよね。
    >>堕民さん
    なんだか、観られませんでしたが、こういうのって「日本」を意識するとどうしても行き過ぎちゃいますよね。
    その点マツダはなかなかうまくやってると思うんですが。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑