Kahan Plus

フォードCHIBA

フォード・ディーラーから年賀状が届きましたが、なんだかちょっと様子が違う。

よーく見るといままでフォードTOKYOの浜野店だったのが、フォードCHIBAになっている。相変わらず地名がアルファベットなのがちょっと面白い。
先日のSTオフでもディーラー閉店がらみの話は多く出たけれど、これは何を意味するのだろうか。浜野店は印象として成績はそれなりにいいと思うのだが、それもあって独立したのだろうか?確かにTOKYOで浜野店というのはちょっと違和感があったのは確かだけれど。
ただしフォードCHIBAと言っても店舗はここだけ、ほかは皆なくなってしまったので、いい方に解釈すれば、メカさんの移動がなさそうというところか。
ちょうど青海波号のヘッドライトスイッチの照明(ややこしいですね)が切れてしまって、無償交換してくれるそうなので近々行く予定、ちょっと聞いてみようかと思う。
あと、去年の話になるのだが、先日Kaの修理持ち込み前に車に乗ろうと思ったら、画像のように穴を塞ぐキャップがなくなっている。右から2番目と左から2番目の2カ所だ。以前の点検時に取り外してそのまま忘れたのだろうかと思って聞いてみたところ、「該当箇所を外した作業はしていないので、部品が劣化して洗車の時に飛んだのではないか?」とのこと。
とりあえず、部品は数十円と安いので注文したけれど、どうも腑に落ちない。洗車程度で落ちるような感じではなさそうだし、こじってあけた形跡や、穴の奥にあるネジもドライバーが当たったような跡があるのだ。
後日、部品が入ったと連絡を貰い、フィエスタで引き取りに行った時、該当部分をデジカメで接写しプリントアウトして持参したが、質問をする前に「すいません、あの部品やっぱり点検時に取り外してました」と申告され、部品は無償になった。
問題はつけ忘れだったのかどうかと言うことなのだけれど、これについてはあくまで「一度取り外してしまったので、部品が弱ってしまって飛びやすくなったと思う」との見解。うーん、いくら劣化しているとは言え、ぎゅっとねじ込んで埋まるような部品だし、どうも飛ぶとは考えにくいけれど、すでに無償にしてもらっている以上、それ以上の突っ込みはできなかった。
でも、今回のが小さな部品で良かった。


Categories: Car

2008年 » « Ford ST Meeting 2007-2008

5 Comments

  1. ねじのとめ忘れと車内への工具の置き忘れを経験したけれど,いつも親切にしてもらってるので不問にしてます(苦笑)。

  2. しょっぱーず

    2008年1月2日 — 2:50 PM

    あけましておめでとうございます。
    今年も1年宜しくお願いいたします!
    いつの間にか浜野店の名称が変更されてましたね、千葉県のどこかにもう一店舗構えて貰えると良いのですが、現状では難しそうですね…

  3. >>れいんさん
    程度もありますけど、やはり付き合いですしなかなか言い出しにくい事はありますね。
    >>しょっぱーずさん
    この貧すれば鈍す状態では悪循環からなかなか脱却できそうにないですねぇ。ユーノスがシトロエンを扱ったように、マツダがヨーロッパ・フォードを扱ってくれないかしら。

  4. この際、並行輸入業者さんでもいいから県内に是非。
    というのは半分本気で半分冗談ですが、中央以外にも北部と南部に一店舗づつくらいはねぇ。

  5. >>Team ST_Naoさん
    店舗がない!というのは明らかに致命的ですよね。猛烈に欲しいと思わせるほどのマニアな車でもないですし、拠点はなんとか維持してほしいですね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑