Kahan Plus

2代目アテンザ登場

きのう、ザ・プリンスパークタワー東京で2代目アテンザが発表された。


欧州ではすでに販売されていますし、東京モーターショーにも出品されていたので、とくに目新しくはないんですが、いよいよ国内デビュー、その真価が試されます。
井巻社長の挨拶で「初代の出た2002年までは長い間新車を発表できず、苦しい時期でした。しかし、デビューしたアテンザは世界中で132万台売れ、132の賞をいただくほどまでに成長しました」と語っている様子は、実に感慨深げでした。こうして生まれた2代目ですが、キチッと着実に進化していると思いますし、日本で世界で売れて欲しいクルマです。
新開発の2.5リッターエンジンは、レギュラー対応ながらこれまでの2.3リッターを上回るパフォーマンスと燃費性能を備えているそうで、楽しみなユニットですね。Cd値0.27(ハッチ・セダン)というのもとても立派な数値です。SPORTにはDSCもついているようですし、へたれな自分にも安心、機会があれば後日ぜひ試乗してみたいです。
デザインに関する感想は、モーターショーの時とほぼ同じ印象ですが、やはりプロミネントフェンダーのせいでしょうか、全体の佇まいに多少収まりの悪さを感じます。かといってプロポーションが別段悪い感じもしないですし、どうしたもんでしょう。
今回は大きな命題が2つあって、そのひとつがこのプロミネントフェンダーをうまく溶け込ませること、もうひとつはCX-7から始まった、サイドウィンドウグラフィックを美しくして、太めのメッキモールで囲み込むこと。どちらも非常に難しい要件で、これに汲々としているうちに、各面のテンションを磨きあげるまでの時間がなかった…ような印象を受けますが、これは単なる想像です。
でも、ボンネットを始めもうすこし面にテンションを与えたり、先日のレクサスISのような品質感を盛り込めればよかったですね。あとはリアを始めちょっとオーソドックスすぎると言うか古臭い部分がもったいないです。マツダは各車のデザインリソースの共有はうまくできているんでしょうか?

インテリアは思ったより好印象でした。白いシートのタイプがなかなかいいですね。ただ、先代同様ダッシュボードがえらく大きく、目障りに感じるのと、子供っぽいメーターがちょっとマイナスですが、エクステリアに比べてインテリアの方がリソースを活かして着実に進歩しているような印象がありました。
モーターショーの時にも書きましたが、出来たものにとやかく言うのはカンタンだし、上を見ればキリがないけれど、ちょっと前まではカペラだったこのクルマが、やっぱり立派になったものですし、名前を変更しながらもさらにその存在感をアップさせているのは大したものです。それでいて価格は25Sの6MTで241万円と安すぎるのは相変わらず。
ボディサイズから購入候補になるのは次のアクセラの方なんでしょうが、また太陽光の下でじっくり眺めて、乗ってみたいクルマです。


Categories: Car

定点観測 » « 浅草の感動ふたたび

7 Comments

  1. 最近のマツダは、ホント勢いを感じますね。
    エクステリアは個人的に、もう少しという気がしますが、屋内でしか見ていないので、太陽の下だとまた違って見えるかもしれませんね。吉と出るか凶と出るか。
    ワゴンのリアは、アウディA4アバントを強く意識したのが感じられました。

  2. >>せいちゃんさん
    やっぱりこういうメーカーには生き残っていて欲しいですよね。日本の市場ってあまりに特殊で、合わせようとすればするほど振り回されてしまうので、ヨーロッパ向けに振ったのが功を奏しているんでしょうか。日本人にとっては複雑なところですけども。

  3. 新型なかなか格好良いと思います
    今度、見に行ってみるつもりでいます
    ただ…マツダ車って広島では営業車のイメージが強すぎるのがアレなんですよね^^;
    アテンザやアクセラ「良いと思うけど社用車と同じはちょっとなぁ…」って人が周りに沢山いますw

  4. >リアを始めちょっとオーソドックスすぎると言うか
    kahanの写真を見て思ったんだけど、真ん中から後ろ部分の側面からのシルエット、ベルトラインより上はBMWの5シリーズを相当意識してるように感じます。
    顔はツルンとし過ぎだよね~(笑)。今の北米市場の流行(トレンド)が、こんな感じなのかなぁ。

  5. >>ケイさん
    なるほどー。ここ10年は広島行っても「あんまりマツダ車多い印象ないなー」と思っていたんですが、そんな弊害があったのですね。
    そこで新チャンネル「ユーノス」!ベリーサとロードスターとVerveの輸入販売。これですよ(笑)
    >>堕民さん
    確かにパーティングラインの切り方もBMW調ではありますが、珍しいですよね。顔のツルンはそう思いますねー。テンションがもうひとつなのもありますが、某Aデザイナー氏は「先のないデザインだなぁ」と評しておりました。

  6. kahanさん、発表会に行かれたんですかっ?!
    色の関係かもしれませんが思ったより間延びしていてなんていうか欧州フォードのニューエッジとキネティックの中間っぽい印象かな。。。
    欧州車に比べると「ハリボテ」感があってもう少し前後を絞ったらよかったのに・・・っとKahanさんの写真を見て思いましたがこれは実車で確認ですね。

  7. >>yokomonさん
    そーなんです、行ってきました。
    写真はちょっとウデが悪かったですねー、実際はもうちょっと凝縮感はあるかもしれません。あとは面のテンションが欧州フォードほどないことと、ヨーロッパ車は上から見た時に樽型のボディをしていますから、そのへんもあるかも知れませんね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑