Kahan Plus

続・次期FIESTA情報

次期フィエスタのオフィシャル画像がアップされていました。いよいよですね。



やはりデミオとコンポーネントを共有しますって感じですね。なかなかだと思いますし、やっぱりとにかく実物が見てみたいです。FJLは1台持ってきて国内でリサーチしてみるとかどうでしょうね。で、要らなくなったのは私が買います(笑)しかし、このお色はなんでしょうか…。
注目はインテリアですが、これはどうでしょう。面白いデザインだし、質感もかなりアップしているようですが、乗ってみないと使い勝手はわからないですね。インテリア側の画像だとボディカラーがエンジのままですねー。この色が良いんですけども。
フォード伝統?の良好視界も継続されてるといいんですが、こういうクルマが入って来ないと言うのは実にもったいないことです。
【追記】
ここで、注目のディメンジョンです。
全長:3692mm(現行GHIA:3915mm)
全幅:1654mm(現行GHIA:1685mm)
全高:1380mm(現行GHIA:1445mm)
ホイールベース:2490mm(現行GHIA:2485mm)
(Verve Sedan Concept Specifications)
と、なんと小型化しているようで。ホントかなー。
エンジンは115馬力のDuratec 1.6リッター Ti-VCTエンジンをはじめ、1.4リッター(91馬力)、1.25リッター(60or80馬力)のほかディーゼルエンジンが用意されるとのこと。
タイヤは画像のクルマは205/40ZR170のP-ZERO NEROを履いてますね。

[`evernote` not found]

Categories: Car

検証・新型フィエスタ » « 田んぼは空地じゃないのだよ

9 Comments

  1. うーん、やっぱりデミオに似てますねー。リアがキュッとあがってるあたりも。
    インテリアはいいですねぇー。
    現行型のラテン的な所は無いですが・・・
    いや、見方によってはラテンか??

  2. ヨーロッパでは今年秋から、北アメリカ及びアジアでは2010年からの販売予定だとか。
    つうかね、フィットと現行インプにしかみえないの。俺病気?

  3. シフトブーツが革?(笑)

  4. >>Fiesta ST Final
    ドイツの剛っぽい印象は影を潜めたとは言えるかもしれませんね。インテリアは思い切りましたねー。
    >>45さん
    画像だとどーしてもグラフィカルな部分しか見にくいですからねえ。でももっと塊感のとりかたとか、面の質とかはやっぱり全然違っていますよ。
    >>まきのりさん
    で、でもステッチがフツー(笑)

  5. ちょっとホイールベースが長いですが、
    まんまVerveで出してくるところにフォードの気合を感じます。
    インパネのセンターコンソールのデザインがたまりませーん!
    カッチョイイですねー、コレ。

  6. いいデザインだと思いますけど,ワタシにはこれでもちょっと刺激が強すぎるかなぁ。内装はごちゃごちゃしているようにも見えます。でもあの走りが磨かれていてかつ洗練されていたら・・・やっぱり乗っちゃうでしょうね。
    このボディカラーは現行のライムに相当するのかな?

  7. たしかAUTOCAR紙ではデミオの記事中にてフィエスタの共有化は辞めたみたいな事を読んだ記憶がありましたけど。
    これを見た限りでは、同一プラットフォームですよね。。。

  8. おっ!こ、コガネムシ・・・?
    結構好きかも。

  9. >>Fiesta ST Finalさん
    ゴメンなさい、上の返信で呼び捨てしてしまってました。
    >>smartkaさん
    たしかに、意気込みを感じますよねー。なぜに入らないんでしょう…。
    >>れいんさん
    現行よりもアクが強い分好き嫌いは分かれるかも知れないですよね。「乗れば分かる良さ」というのはなかなか販売に結びつかないんでしょうね。
    >>HiDEさん
    同一だと思うんですよねー。でも今回はマツダ主導で開発されたシャシーではあるようで、ちょっと心配だったり(笑)
    >>あっぱれどの
    プジョーがやりすぎちゃった今、その座を狙える~なんて気もしたんですが、入って来なきゃそれもなしってことで…

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑