EUNOS500を手放してから2年が経ちました。

2年にもなるとさすがに自分の意識の中で占める割合は少なくなってきましたが、ここ最近毎度毎度Verve、Verveと赤子のように言っているのは、結局のところこのクルマのせいなんでしょうね。
EUNOS500にあってFIESTAになかったものが、Verve、つまり新型フィエスタなら得ることができそう…という気がしているわけです。やっぱり丸みがあって、ちょっと華やかさが備わった(しかもワインカラーの)感じが好きなんだと思います。
それにしても500のお尻はいまだに1級品ですね、新型フィエスタでさえも及ばないんじゃないでしょうか。
でも、新型フィエスタ、なんとか正規輸入してもらいたいですね。

[`evernote` not found]