Kahan Plus

新車を買った…

…くらいのつもりでKaに大幅なリフレッシュ整備を施しました。

足回りを交換したわけですから、かなり思い切りました。
そもそも事の発端は今回の4回目の車検に先だって、不具合がないかと思いながら乗っていたときのこと、どうもステアリングの感触がおかしいんです。切りはじめからもう少し回すと急に重くなって、また軽くなって…という感じ。重くなると言ってもパワステが効いてないというほどではないんですが、戻すときも同じで、挙動がガクガクしてしまいます。
パワステ系ではなさそうで、どっかのブッシュが切れたとか?と思っていましたが、ちょっと素人には分かりません。ディーラーに預ける時に症状を説明して自分はそのままF1観戦に。
翌々日観戦中にディーラーから連絡をもらい、メカによると症状が確認でき、原因はステアリングギアボックスの不具合とのこと。しかしこれが修理をすると工賃込みで約14諭吉にもなるそうで、また点火系(イグニッションコイル、プラグ、コード)も新しくした方が良く、そうするとさらに3万以上加算されてしまうことに。
「いっそ他の車に」という選択肢もあり得るためか「車検、どうします?」と聞かれましたが、ここはユーザである嫁と相談したところ「直す!」とのことで、しかも「ついでに足回りもやる!」と剛毅なことこのうえなし(笑。かくして我が家のKaは大リフレッシュにとりかかったわけです。
足回りに関しては10万キロを超えて懸念材料ではあったんですが、全然駄目な状態でもなく、でもはやく変えた方が新品を長く味わえるし、でも相当な出費だし…と悶々としていたところに、今回のステアリングギアボックスのトラブルが引き金となったんですね。
一旦車検整備だけでF1から帰った翌日の月曜日に引き取り、その後部品が入った水曜日から再度預けて修理してもらう手順に。トップ画像の真っ赤なFOCUSはその時の代車でした。

これで事故さえなければ5~6年は乗りつづけることになるでしょう。自分としてはユーノス500を維持できなかったのでKaこそはと思っていたものの、そこは嫁のクルマ、彼女の意向に任せるしかなかったんですが、相当気に入ってるんですね、出費は確かに痛いに違いありませんが、「他に乗りたいクルマはない」と、あまり迷ってはいないようでした。
きのう日曜日に2人でディーラーに出向き、修理成ったKaを引き取ってきましたが、これがまた想像以上にシャッキリしていい感じ。乗るまでは足回りよりも点火系の方が体感できるんじゃないかと想像していましたが、実際は足回りの方がより明確で、数段アップした乗り心地にもうニンマリ。もちろんエンジンの感触もよく、家に帰ってからももっと運転したいくらい。あとはシートがずいぶんとへたってきてしまってはいますが、これでまだまだ可愛がって行けそうです。そのうち外装も磨いてあげたいですね。

ただ、明細書を見てひっくり返ったのがKaのダンパーのお値段。前後ともに1本21840円!で、これはフィエスタSTのよりも高いんです。1.3リッターのスポーツグレードでも何でもないコンパクトカーのダンパーがこれだけして、ま、日本よりは安めなんでしょうけどヨーロッパの方々は文句ないんでしょうか?

[`evernote` not found]

Categories: Car

足の次は頭 » « 富士F1観戦 最終回

14 Comments

  1. 相当な覚悟をもっての大改装でしたね(^^ゞ
    しかしさすがKahanさん、ブーツ関係も確実に交換されていますね。
    よく見えませんがスタビリンクは交換されましたでしょうか?(スタビ自体は弄ってそうですが)
    これ上下ブッシュ込みの割りと安い部品ですがかなり体感できますよ。
    切り始めの初期入力がグッと手応えある動きに戻ります。
    ダンパーの件、判り次第ご連絡いたします。

  2. ダンパーそんなに高いんすか!
    でも10万キロ超えたクルマは国に関係なくやっぱりしゃっきりすっきりしますよね!
    同じ年頃のサクソもすんげ~元気になりましたから、kahanさんも奥様もにんまりされたのがよく分かります。
    お互いいたわってあげましょうね~。
    それにしてもいいオーナーに巡り会えましたね。>Ka

  3. さすがにコストがかかっているんですね<Kaの足
    ワタシのフィエももう走行11万キロです。8万キロ超えたあたりから足回りがふわふわしてきた感じがするので参考になりました。

  4. 旦那が旦那なら、奥様も・・・
    奥様も「通」ですな?(笑)
    僕の500も24万キロを超え、タイヤを新調すると同時に
    2回目の足周り総交換をしました。(エナペはOH)
    普段から超ハードな足周りなので「ヘタリ」が分かり辛いのですが、
    交換前と後では足の動きが全然違います!
    500には新車3台分以上使ってるので、捨てるに捨てれません・・・(爆)

  5. こんばんは~(^^)/
    大幅リフレッシュは、いつか必ず必要になりますもんね(^^)b
    ダンパーやブッシュは、車が変わったくらい変わりますよ!
    毎日少しずつへたって行くから、気付かないんですけどね~
    しかしダンパー高いですね~(@o@)
    フォードは、SACHS製なんでしょうか?

  6. お久しぶりです。
    10万キロとなるといろいろ手を入れないといけないんですね。
    ダンパー結構いい値段ですね、海外から持ってきてるものも多いでしょうから、運賃とか
    一度に注文する数量とかも少ないでしょうからある程度は仕方ないんでしょうけどね。
    うちもそろそろ8万キロ。ステアリングは、以前より切ったときの反応がわずかに遅れてるような気がしてます。

  7. よほど奥様は気に入ってるんですね。
    Kaも幸せですね。
    やっぱりダンパー代は気になります。

  8. >>yokomonさん
    あー、スタビリンクは替えていないと思いますー。安価な部品ならちょっともったいなかったかも知れないですね。
    価格の件ではありがとうございました。
    >>45はん
    ええ、もうビックリしましたよ。欧州車はダンパーにお金がかかってるとは聞きますが、ST以上とは…。
    でもこれで腹をくくれるというものです。
    >>れいんさん
    ST以上というのがまだちょっと信じ難いんですけど、もしかしたらGHIAもSTより高かったりして(笑
    Kaはほとんど高速に乗った事がないので、使い方が違うと思いますけど、フワフワはしなくて、ゴトゴトと不快な感じになっていたんです。
    >>茶五どの
    ああ、もう24万ですかー。Kaは500よりも維持費が安いかと思ってたんですがダンパーは高かったですね。まあ工賃はさほどでもないんですけども。

  9. >>まきのりさん
    フィエスタも6万超えましたからきっとへたってはきてるんでしょうねー。メーカーとかちょっとその辺は全然知らないんですが、モータークラフトって書いてましたよ。これってフォード系ですよね?
    >>streamどの
    モンローの倍ですしちょっと高すぎるなあと言うのが正直なところです。今後大きな故障がないといいんですけど、そこは欧州車、こわいですねー。
    >>つきかげさん
    そうですねー、キャラクター性が濃いのにミニやチンクよりもさりげなく乗れるのがいいんだと思います。
    オーナーとしては出回ってないのも悪い事ではないですしね。

  10. モータークラフトだとアメリカ車のイメージですね~(@o@)
    足周りだけは、止めてあってもヘタリますからね~(^^;)

  11. ご無沙汰です!
    大規模なリフレッシュをされましたね、
    Ka乗りの悩みとしては次に欲しいクルマが見つからないのが唯一の悩みとも思えます。
    パワステ系の出費は大きいですね、以前、パワステホースがぶち切れた際の交換費用が6諭吉でしたから・・・
    でも、それでも可愛がられるKAの魅力は素晴らしいです!

  12. >>まきのりさん
    フィエスタのバッテリーも確か同じでしたよね。
    まあ、高かったですけど、信頼性もありますし、運転して替えてよかったなーと思いましたよ。
    >>しょっぱーずさん
    10万キロ以上になってくるとどこかで重整備はやらないといけないですよね。あとは壊れてくれるなよと祈るばかりですが。

  13. 純正ダンパー高いんですね、ビックリです。
    最近うちの車はチョットした段差で前後の足付近でゴトゴト異音がしますよ~。

  14. >>りんだぁさま
    高いですよねー、しかもST以上と言うのがどういうこと?とか思ってしまいます。Kaのが上等なのか、STのがそれなりのものなのか…

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑