Kahan Plus

Ka復活!

このところヨレヨレしていた我が家のKaですが、本日シャキッとして帰ってきました。

Ford Ka

話は昨年10月の車検の時にさかのぼりますが、車検前点検でかなりのダメ出しをされてしまいました。

  1. ドライブベルトテンショナーの異常
  2. サーモスタット冷却液漏れ
  3. リアホイールシリンダー異常
  4. エアーエレメント汚れ
  5. タペット音が大きくなっている
  6. フロントロアアームブッシュひび割れ
  7. フロントスタビライザーリンクひび割れ
  8. フロントブレーキローター摩耗

これらをすべて整備すると、ナント40諭吉!近くにもなってしまうと言うことで、とりあえずは急を要すると言う1〜4番の項目をお願いして、ほかは様子見としました。

ただ、この4番までの項目のうち、3番までははどれも面白くないというか、整備の効果をさほど体感できないので「良くなったぞ」感がなく、逆に先送りした足回りの劣化の方が日に日に体感できるレベルに。しかもそのうちクラッチまで接続時にジャダーがでるようになってきて、妻は毎日騙し騙し乗ることになり、「これはフィエスタと一緒にパーツをFordParts UKから取り寄せるべし」と言うことになったわけです。

そうして先日、ブログにも書いた通り部品が届き、追加で注文したスタビリンクとブレーキディスク、アンテナもほどなく到着。アンテナはその場で交換し、ダメ出し項目の5番は置いといて、6〜8番とレリーズシリンダーを含むクラッチ交換、それからクラッチ交換にはエンジン吊り上げ作業を伴うとのことなので、エンジンマウントの交換もお願いすることにしました。

ただし、ここで心配なことがひとつ。イギリスから届いた部品たちは、一通りチェックしたところ破損は見られなかったので、その点は問題ないんですが、 ブレーキローター以外はすべてフォードジャパンで出されるものと品番が違うんです。で、とりあえずクラッチとクラッチのレリーズシリンダーのマッチングをあらかじめディーラーで調べてもらったところ、クラッチキットは適合せず、レリーズシリンダーはフォードジャパンで確認できないとでてしまいました。

そうは言ってもFordParts UKさんはECATによる適合パーツ照会をしているわけだし、とりあえず現場合わせで…とお願いして18日に預けたところ、レリーズシリンダーの取付けに軽微な加工を施したくらいで、本日、無事に全パーツが取付けられました。結果的に交換したものは下記の通り。

  1. クラッチ
  2. クラッチのレリーズシリンダー
  3. フロントブレーキローター
  4. フロントロアアーム左右
  5. フロントスタビライザーリンク左右
  6. エンジンマウント
  7. デフシール

デフシールは作業中にオイルにじみがみつかったもので、部品こそ安価ですが、これだけで作業すると工賃が1万円位するところ、同時作業ということで相殺されました。

取り外したパーツを見せて頂きましたが、クラッチ板は溝が何本か消えてしまっている状態でしたし、前回指摘を受けていたロアアームとスタビリンクのブッシュには亀裂が入ってグリスが抜け、左のロアアームはボディとの干渉跡があるほどでした。さらにクラッチを替えるならと「ついで」にお願いしたエンジンマウントも、すべて亀裂が入ってしまっている状態で、どれも今回交換できてホントに良かったです。

クルマを受けとって走り始めると、じつにシャキッとしてもうニンマリ。13万2千キロを超えたKaですが、まだまだイケるじゃん!という感じ。ガソリンを無駄遣いできない状況じゃなければ、そのまましばらくフラフラ走りたかったくらいですが、可愛い愛車が元気になって、しかもイギリスからの部品が無事装着できたおかげでかなり安く済んだのでもう言うことありません。20万キロいけるかな?

[`evernote` not found]

Categories: Car

慧日山 東福寺 » « M9.0

4 Comments

  1. おめでとうござます!これで20万kmまでOKですね。MT関連以外は同行号にいつ発生しても不思議ではない症状ばかりです。ロアアームとスタビリンクのブッシュはブッシュのみの強化品がないので,コストパフォーマンスが悪いですよね。現場の作業時間と工賃はアッセイ交換した方が軽くなるんでしょうけど。フィエスタの足回りはDYデミオ/ベリーサと共通性が高く,オートエグゼ製のスタビリンクがあるのですが,果たして適合するかどうか・・・。e-bayに割安なパーツも見受けられるので,これから確保を検討してみたいと思います。同行がお世話になっているDでは持込パーツがそのまま適合しない場合でも加工その他で対応してくれます。エンジンブッシュも加工してくれていたので,足回りの強化ブッシュももしかしたら汎用品でも取り付けてもらえるかもという気もしてます。

  2. Kahan

    2011年3月21日 — 11:40 AM

    >>同行二人どの
    ありがとうございます。20万kmまで変なとこが壊れないことを祈るばかりです。確かにロアアームやスタビのブッシュのように、力がかかって明らかに劣化するものは消耗品として個別交換できるようにしてもらいたいものですね。
    このエコの時代に、そのあたりは改善するどころか、段々一体化の方向に進んでるわけですから、何かしらの基準を設けなくてはいけないのかもしれません。

  3. しょっぱーず

    2011年4月2日 — 11:08 PM

    コメントが遅くなりすみません。
    ここまでリフレッシュを行えば安心ですね!
    費用的にはどれ位、安くなったのか非常に興味深いです。
    ガソリンも一時の騒動から大分落ち着きましたね、今ではガラガラです。

  4. Kahan

    2011年4月3日 — 12:59 PM

    >>しょっぱーずどの
    いえいえ、みんカラで更新確認できなくなりましたからねー。
    浮いた費用は今回だけで7〜8諭吉くらいになるんじゃないでしょうか。
    以前交換したフィエスタSTよりも高いダンパーも輸入しておけば軽く10諭吉くらいは安く上がったんじゃないかと思います。
    FordParts UKさんは、サイトに載っていない部品でも基本的にディーラーさんのようなので、言えば何でも入れてくれると思いますヨ。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑