Kahan Plus

スイフトスポーツ試乗

日曜日に新しいスイフトスポーツを試乗してきました。

スイスポ

朝起きたら弥七が隕石に潰されていた…と言う場合に、次の候補として挙げられるのは、今のところデミオ、アクセラとこのスイフトあたりでしょうか。やはりもうしばらくはMTに乗っていたいですし、とくにスイフトスポーツはフィエスタSTと立ち位置がかなり近いので興味があります。ただ、先代のスイフトはフィエスタをお手本にしたと言われていましたが、今回はVWポロとかで、ちょっとオイオイオイと思ってみたり。

さて、現行のスイフトのデザインですが、お尻こそいま一歩なものの、プロポーションが非常によくまとまっていていいデザインだと思います。また、余計なラインやグラフィック処理が多いきょうびのクルマたちの中で、クリーンに仕上げられているのも美点ですね。個人的にはどうも先代からのウィンドウグラフィックが好みではないんですが、これはまあスイフトのアイコンなんでしょうし、丁寧で質感の高い面処理には好感が持てます。ただ、ノーマルモデルの方がそういった点では断然良くて、スポーツのモディファイはちょっと美点を削いでしまってるかも。

なにぶん超久々の試乗で舞い上がってしまい、十分なチェックができませんでした。 ま、昔のように広報車ではなくDの試乗車ですし、営業さんや嫁が同乗しての、あくまでちょい乗りの印象です。
まず乗り込んでシート合わせをしますが、やはりテレスコピックがあるのはいいですね、シートの前後調節はさほど細かくはないようですが、スグにいいポイントを見つけられました。インテリアは全く印象に残らない事務的で平凡なもので、質感については前期型フィエスタにとやかく言われたくないでしょうが、どよ〜んと暗いですしもう少し何か工夫が欲しいところ。

スイスポ

走り出してまず思うのは静粛性で、このクラスに似合わないちょっとした上質感があります。 ギアの操作感もまぁ上々。パワーでフィエスタよりも多少劣るものの、車重が80kgも軽いので出だしの加速感はどっこいかと想像していましたが、フィエスタの方が速く感じるのは、アクセルレスポンスによるものでしょうか。ちなみに今回は試せませんでしたが、このクルマは7500回転まで回せるんですね。フィエスタSTは1000回転低い上にさほど高回転域が気持ち良くないので、これと高速巡航できそうな6速があるのはじつに羨ましいところです。

続いて湖畔の道でくねくねしてみましたが、この足回り、いいです!リアの動きがとても分かりやすくて懐も深く、ポロがお手本とは思えません。欲を言えばもう少し重心が低いとベターなんですが、フィエスタともちょっと違う感じのしなやかさが新鮮です。ブレーキもかなり扱いやすくて全く操作に気を使いません。ただ、ちょっと残念なのはステアリングフィールで、慣れもあるでしょうが中立付近が若干ダルいのと、インフォメーションが希薄(対フィエスタ)で、切り込んでいくタイミングがわからず、せっかくの足回りをもうひとつ堪能しきれませんでした。リニアリティにも少し欠ける印象なのは電動だからでしょうか?オーナーになればある程度解決できるものかも知れません。あとは排気音がちょっと頂けません、フィエスタの快音には全く及びませんでした。

走り以外で残念だったのはまず荷室の狭さで、フィエスタSTよりたった2.7cm全長が短いだけなのに、何故これほどまでに狭いのかが不思議です。リアシートを倒せるので、個人的にはそう広大でなくても構わないけれど、あと20cmほどは奥行きが欲しいところ。クラッシャブルゾーンの影響によるものでしょうか。そう言えば安全面ではカーテンエアバッグの設定がないんですね。後席中央のヘッドレストはここへきて日本のメーカーも標準装備になったようですが、エアバッグの装備も欧州並を望みます。

結局印象としては「すごくいいクルマだけれど、まだ楽しさでは(贔屓目もあるし)フィエスタに軍配かな?」という感じでしょうか。でも168万円ってのは相当魅力ですし、今後の改良に注目していきたいクルマです。

[`evernote` not found]

Categories: Car

GF1、3本目のレンズにまた悩む » « 6年落ちiPodが最新型になって返ってきた

5 Comments

  1. 私も期待の一台でしたが,内外装,装備そしてあちこちのインプレを見る限りでは「うーん」という感じです。スイフトRSの方が道具として使いこなしやすそうに見えます。遠征するならやっぱりフィエスタでしょうね。我々の乗るフィエスタやKAのようなステアリングフィールを持つコンパクトカーはもう出てこないかもしれませんね。

  2. 試乗の機会があったのに逃してしまって自分はまだ乗れてないんですが、やっぱり”お値段なり”の車なんでしょうか。
    先代はスズキスポーツのパーツをDラーでお手軽に装着して楽しめるとゆうのも魅力だったと思うんですけど、スズキスポーツが離れちゃったのはちょっと・・・ですね。  話を聞きにいったアリーナ店では「うちではモンスタースポーツさんのパーツを取り扱う予定はありません」とつれない答えでした~

  3. Kahan

    2012年2月7日 — 9:23 PM

    同行どの&ケイどの。
    このクルマの設置感はすごくいいと思いましたよ。結局走り込みが足らないんですかねぇ?ステアリングも結構クイックだと思うんですが、操作とシンクロする精度の点で煮詰めを待ちたいかなーって印象でした。
    ただ、煮詰めてもフィエスタ並みのステアリングフィールはそうそう実現できないかもしれないですね。今は軽いのが正義とされてるんでしょうか?
    RSはスタイルが魅力ですがESPがつかないんでしたっけ?このあたりの帯に短し感は相変わらずの日本車ですね。あるいは低価格商品の開発に慣れたメーカーにとって「もう20万高くてもいいから」と言うのは意外と難しい注文なのかも。
    それにしてもコストパフォーマンスで見ると驚異的であることは確かです。

  4. おひさデス
    う~~んとね、SUZUKI全般に言えるんですが
    軽量化の為なのか車検時の指定交換部品が他社に比べ多すぎます
    つまりは耐久性よりも軽量化を選んでいると言うことなんでしょう。
    さらに、質の悪い鋼板か塗装をけちっているのか不明ですが
    ここらで普通に乗っていると
    3年でマフラーが落ち、5年でブレーキが固着します。(融雪剤の影響)
    5年でフロアに大穴が開いた個体も知ってます。

  5. Kahan

    2012年2月10日 — 10:29 PM

    Ritzどの、こんばんは。
    以前のスズキには少なからずそんな感じの印象がありましたが、先代のスイフトが(評価、営業ともに)成功して、今回のモデルにはニューフィロソフィーで臨んでるんじゃないかと期待をしているんですが、ダメですかねえ?

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑