Kahan Plus

さよならフォードKA

16年もの間、かみさんの足として活躍してくれたKAとお別れしました。

さよならフォードKA

今年11月、撤退したフォード浜野店を引きついだ高畠さんに車検を依頼したところ、ラジエーターの水漏れとホースの硬化、ロアアームブッシュの亀裂を指摘されました。
「またしても」の出費にしばし悩みましたが、ロアアームの方は様子を見つつ部品をイギリスから取り寄せることにして、とりあえずラジエーターの修理を依頼。ところが、ホースがすでに欠品とのことで、せっかくラジエーターを新品にしたところで、最悪ホースの寿命とともに終わりということに。

ホース自体は何かしらの流用で何とかなるかもしれないけれど、ここで再考が必要と家族会議。このところ点検のたびに大きな出費が続いており、すでに我が家規定の趣道ライン(趣味と道楽の境)を超えていましたが、バンパーを塗装したことや20万キロという節目が目前だったこと、そしてなによりかみさんの大のお気に入りだったことから、修理を続けてきました。

さよならフォードKA

しかし、間もなく完成する家の出費を考えると、不確定要素を抱えるのが難しく、20万キロをすでに到達したことや、結局これが一番の理由ですが安全面を考慮して車検をキャンセル、KAを降りることに決めました。

やはり車は「事故」と切り離すことはできません。全国ワースト2位の千葉県で、なかでも事故の多い市原市を毎日走るかみさんのことを考えると、いくらお気に入りといえど限界はあります。実際KAの前に乗っていたフェスティバも居眠り運転の車がセンターラインをはみ出してきて衝突、廃車になった経緯がありました。

さよならフォードKA

ただ、KAが素晴らしい車であったことは間違いありません、なによりそのデザインと走り双方での明るいキャラクターが良かった。ミニやチンク、ビートルが昔のモチーフを用いたいわば「媚びた」クルマに感じることがあったのに対し、オリジナルデザインのKAはその点でも清々しい存在でした。

それでいながら240km/hまで刻まれたホワイトメーターや、小型のサイドミラー、低めの着座位置がちょっとレーシーで独特の存在感を放っていました。

レガシーなOHVエンジンは、そばを走る小湊鐵道の気動車にも負けないサウンドを発し、一度も不具合を起こしたことがなかっただけでなく、かみさんの使用環境ではつねに14km/L前後の燃費を記録していました。

さよならフォードKA

MTしかなく、それゆえ販売面では苦戦しましたが、かみさんとこれに乗るために近くの公園駐車場でMT練習したことを思い出します。また、UCGの取材で島下氏に乗っていただいたのも楽しい思い出です。

降りることに決めたのは、まだ家が工事中で仮住まいの時でしたが、「綺麗になった元の家に戻してあげたい」とのかみさんたっての希望で、11月25日の引っ越しとともに元の家に帰還、29日に車検が切れ、同日次のフィエスタが納車されたものの、ともに12月22日まで一緒に過ごしました。

2000年に走行300kmの新古車で購入以来、とても素晴らしい16年4ヶ月と20万2000kmでした。これからはきっとめぐがオーナーになることでしょう。
フォードKA、これまで長い間事故もなく走ってくれてありがとう、そしてさようなら!

さよならフォードKA


Categories: Car

めぐの娘、宙ちゃんはまためぐのもとへ » « 我が家が新しく生まれ変わりました

2 Comments

  1. ついに手放してしまわれたんですね。私もKAオーナーで時々拝見していました。うちの子もろそろそガタが来ていて、買い替えも検討しているのですが、愛着が…

    • Kahan

      2017年2月10日 — 4:28 PM

      JUN

      コメントありがとうございます。KAを手放してしばらく経ちましたが、メチャクチャ寂しいです。フォード撤退さえなければ確実に乗ってました。
      事故時のことを考えて無理やり納得させてますが、本音はもっと乗っていたかったです。
      KAに乗っている時間はホントにいい時間でした、JUNさんもいつかは手放されるかもしれませんが、この時間をどうぞ大切に。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑