Kahan Plus

[Challenge100] 葛・茅と格闘

どうも、晴耕雨書のKahanです。今朝の畑の様子です。

[Challenge100] 葛・茅と格闘

先日、茄子とピーマン、ししとうを植えたりして、奥のジャガイモ畑とともにだいぶ畑らしい「顔」になってきましたが、今期開墾予定の4区画のうち、ジャガイモ畑の奥がいまだ開墾中でその左はまだ手つかずの状態と、ここにきてちょっと停滞気味。と言うのも、次々に現れる手強い相手に目下格闘中というわけです。

暖かくなって次々に生えはじめる雑草たちの中に下の画像のようなのを見つけたら「覚悟」しないといけません。

[Challenge100] 葛・茅と格闘

これは葛ですが、この下にはものすごい地下茎が潜んでいて、地上部分を切っただけではまったく意味がありません。根こそぎ駆除するよりほかないんですが、さしものアナホリックでも一瞬「見なかったことに」したくなるほどの強敵。意を決して掘って行くと、こんな感じや、

[Challenge100] 葛・茅と格闘

こんな感じで、

[Challenge100] 葛・茅と格闘

はびこった姿が出てきます。こいつらが自然薯や牛蒡ならどんなにいいだろうとか思いながらひたすら掘って掘って掘り続け、これだけでてきました。それでもまだこれは一部に過ぎないでしょう。

[Challenge100] 葛・茅と格闘

これだけあれば葛粉がとれるんじゃないかとも思いますが、以前ダッシュ村でやっていて相当手間がかかる割にちょっとしかとれないそうで、さてどうしたものか。そう言えば水戸黄門(第8部 7話)で葛布の作り方もやってたな…。結局葛堀りのおかげで畑予定じゃない方の土地は穴だらけ。せっかくなので今後剪定枝や抜いた雑草を放り込めるようにどれも1.5m近く掘っておきました。

[Challenge100] 葛・茅と格闘

手強い相手は葛だけではありません。葛を掘っている画像の中にひょろひょろと白くて細長いものがバサバサ見えるのは茅で、こいつも相当やっかいです。普通の雑草は耕す時にすきこんでしまっても養分になってくれますが、茅はショベルで短く切断されていても、土の中で下の画像のように芽を出し、しかも尖っていて触ると痛い。ジャガイモ畑の奥の区画からはこれやスギナが大量に出てきてしまって、拾っても拾ってもキリがない。しかも掘り起こすのと同時にしなくてはならないために腰が痛いわ先に進めないわで参りました。

[Challenge100] 葛・茅と格闘

野菜づくりに専念できるようになるまでには、まだまだかかりそうです。


Categories: Cultivation

九州Drive! 〜 大分県の古い街並を繋いで » « HAPPY BIRTHDAY, MEG!

3 Comments

  1. おつかれさん~。
    4枚目の写真に写ってる配管は大丈夫だったのかな?
    いっそ、ミニユンボをレンタルして全面掘り返しちゃいましょう♪

  2. 腰痛持ちの私にはアナホリックは耐えられません。
    ほんと、ユンボで掘り返してふるいにかけた方が早そうな・・・

  3. Kahan

    2013年5月11日 — 5:35 PM

    ユンボあったら地底都市作りそうだわ〜。
    そのうち小判でも出て来ないだろうか…
    あ、配管は最初ビビったけど、ここに昔建ってた家の名残で大丈夫だった。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑