先日、台風が来る前に…と収穫した黒豆を茹でて食べてみると、これがもう信じられない旨さ!

[Challenge100] 夏野菜総決算

「こりゃあいい!」と台風後にもさらに間引きがてら収穫したところ、画像のように大きなザルが一杯に。お向かいのおじさんから頂いた苗が育ってくれたものですが、食べ過ぎて腹を壊しそうなくらい香ばしくて甘みがあって旨いです。ただ、この香ばしさは何やらめぐの肉球にも通じるような…。そう言えば新しい畑で一番最初に穫れたジャガイモはめぐと一緒に食べることができましたが、もっともっといろんなものを食べさせてあげたかったです。それにしてもこの枝豆、よく見ると結構毛深いです。全然そうでないのもあるんですが、この違いはなんでしょうか?

さて、このところグッと冷え込んできて、夏野菜たちもそろそろおしまい…というワケで、ここらで今年の夏野菜の総決算です。

[Challenge100]夏野菜総決算

ジャガイモのあと、5月初めから植えていったのは、茄子、ピーマン、ししとう、そしてオクラで、その後山芋、白茄子、黒豆、落花生の苗を頂いて植えました。猛暑や雑草たちの猛攻に遭って、当初の予想よりもはるかに開墾がすすまず、ほとんど5m四方程度の1面に植えたんですが、結果的には想像以上に収穫できました。(画像は8月21日の様子です。)

まず、茄子は水茄子1苗を含めた3苗を植えたんですが、7月から10月20日までの間に、合計93本も穫れました。水茄子の苗がちょっと元気なかったので、ほとんど2つの苗での量です。茄子はこれに加えて、近所の方から頂いた白茄子が2苗あったんですが、こちらは35本穫れました。数は通常の茄子と比べて少ないように思いますが、1本が普通の茄子3〜4本分の大きさなので、もう来る日も来る日も茄子を食べていたように思います。来期は白紫合わせて3苗もあれば十分ですね。

[Challenge100] 夏野菜総決算

次にピーマンですが、こちらはずっと元気がなく、1苗で28個の収穫でした。形も余り良くなかったので、苗に多少問題があったのかも知れません。その茄子とは対照的に今回最も驚かされたのが「ししとう」で、1苗しかなかったにもかかわらず、350本も穫れました。しかもこのししとう、8月でいったん穫れなくなり、「もう終わりかな」と思っていたらいきなり復活して、わさわさ穫れるようになるなど、素晴らしい出来でした。めちゃくちゃ辛いししとう率はだいたい3〜4%くらいでしょうか。

[Challenge100] 夏野菜総決算

そしてオクラ。オクラは2苗植えましたがどちらもぐんぐん大きくなって、今では自分より高い180cm以上の丈になりました。茎も画像のように太くしっかりとしたものになり、まるで木のようです。収穫数は2苗合わせて188本で、1本10cm以上で収穫してましたから、これもかなりの量です。同じ野菜がこれだけ穫れると、食べ方も色々工夫するわけですが、オクラでハマったのはお好み焼きでした。よくお好み焼きには山芋をいれてやると、ふっくらするとされていますが、「ネバネバ」仲間のオクラならどうだろう…と刻みオクラを入れて試してみると、これがもう予想以上にふっくらとなって美味しく焼けました。今後は我が家の定番になりそうです。

今回栽培したどの野菜も、家の西側にある小さな庭での栽培経験はあったんですが、ほとんど手をかけていないにもかかわらず、ここまで大きくなってたくさん収穫できたのには驚きました。ビギナーズラックと言うよりは、20年間放置された土地ゆえの恩恵だったんでしょうか。南向きと言うのも大きいかも知れません。

反省点としては、ほぼ2面程度しか開墾できなかったために、せせこましく植えてしまったこと。来年は連作障害も避けなければいけないし、冬の間に頑張ってもう2面は開墾して、畝や畝の間隔をもっと広くとって作りたいですね。

[Challenge100] 夏野菜総決算

今残っているのは黒豆と落花生、そして山芋です。黒豆はあともう少し枝豆として食べて、残りは黒豆として収穫する予定ですが、落花生や山芋が果たしてうまく収穫できるか楽しみです。