ボールペンや鉛筆を最後まで使い切るのはなかなか気持ちがいいものです。

学生時代の頃はロットリングやステッドラーの製図ペンを普段使いにも愛用していた。線が細くてインクも濃いので、手帳のような狭いスペースへの書き込みなどに便利だったからだ。でもなかなかメンテナンスも大変で、何か手軽で良いのがないかと思っていた頃登場したのが三菱鉛筆の「uni-ball signo」だ。当時、似たような極細水性ボールペンもいくつか登場していたが、これが一番書き心地が良く、線が奇麗でインクの色も濃いので、以来愛用し続けていた。唯一の欠点はボールがちょっと弱いのか、はたまた小生の筆圧が高すぎるのか、この部分がへこんで固まってしまう事で、書けなくしまうケースが多く、そのためにいつも何本か買いだめしておいたものだった。でもその後、この部分も改良されたのか今回はまったく最後までノートラブル。さすがに終わり近くではインクの出が悪くなったりしたが、こうして1本使い切る事はなかなか気持ちがいい。ちいさな幸せと言ったところだろうか。

[`evernote` not found]