Kahan Plus

Good Design Presentation

今日はお台場まで出向いてあのグッドデザインのプレゼンテーションを見に行って来た。

今回はグッドデザイン賞創設50周年という節目なのだそうだが、行くきっかけそのものはロボ部長さんから招待券を頂いたからだった。
会場はお台場の東京ビッグサイト。実は小生、ここにくるのは初めての事なのだ。幕張メッセができて以来こういったコンベンション・ホールは全国にできたけれど、このビッグサイトの建物に関しては幕張メッセ以下…と感じる。まったく嫌いな部類に入るものだ。
それはおいといて、肝心のプレゼンテーションだが、様々なジャンルの大小様々のものが一同に集まり、それはそれで凄い事なのだが、印象としてはディスプレイが雑然としており、デザイン賞を決める場としてはまありにもそぐわない雰囲気が残念だった。見やすさにしても、雰囲気造りにしてもよほどデパートの方が気が利いているかもしれないし、実際楽しめる。
「商品」と言うよりもここでは「作品」に近いわけだからもっと違った環境を与えたいし、作り手の思いも情報ゼロでは、なかなか作品との対話が成り立たない。
アクセラのデザイナー、鈴木氏のように「デザインと言うのはノー・エクスキューズ」という考え方はもちろんあるのだけれど、それはお客さんがどう捉えて購入したかしなかったかについてのことで、デザインコンセプトくらいは観察時の情報として最低限確保したいもの。なぜならデザインと言うのは枠と言うか、制限があって初めて成り立つもので、そのなかでどう考え、答えを導きだしたのかが分からないと、評価軸が成立しないのだ。せいぜい「きれいな形だね」とか「変わってるね」くらいの表面的な捉え方に終始してしまう。来場者全員がそうではないかも知れないけれど、「うーん、なるほど!」という感動が欲しいのだ。
ではどうすればいいか、と聞かれるとこれはなかなか難しい。それなりに予算も必要だろうし、デザインに対して成熟しているとは言い難い今の日本では、これがせいいっぱいと言われたら、責められないだろう。
ところで、今日は開催日で唯一平日でない日とあって結構人がいた。16時までと言う早い閉館時間も影響しているのだろう。それでもモーターショーよりははるかにマシで、展示されていた歴史的クルマたちも比較的ゆっくり眺める事ができたし、気になっていた三菱iや、スズキのSX4もじっくり観察できた。また、人ごみの中、しょっぱーずさんやチケットをくださったロボ部長さんともお会いできたし、ホンダブースでどうも見た事あるような…と思ったら荒川さんだった。結構お会いするのは久々な事だった。そう言えば荒川さんも「日本で最高のデザインを決める場としてはちょっと相応しくないかな」と仰っていた。
小生ももともとはデザイナーの友人と来るはずで、それぞれの見解を話しつつ見ようと思っていたのだが、急遽仕事で来られなくなったとかでその点はとても残念だったけれど、いろんなモノを見て充実した日になりました。ロボ部長さんには感謝です。

[`evernote` not found]

Categories: Life

三菱 i » « MacBook Get

8 Comments

  1. お疲れ様です!昨日は短い時間でしたがお話しができましてありがとうございます。
    私自身も「Good Design」は初めて行きまして、デザイン業界の方々や学生さんが多い印象を受け、もう少し様々な方々が来てもいいのかなと実感いたしました。展示スペースやプレゼンテーション方法など1スペースに説明員がいたりすると良いのですがそうなると公平性の観点からも難しいのかなと感じました。なかなか難しい問題に思えます。

  2. しょっぱーずさん>>
    そもそも運営そのものにも非常にデリケートな部分を内包しているだけに、いろいろ難しさはあると思います。

  3. チケットありがとうございます。会場ではお会いできませんでしたが、僕も同じ日に見てきてました。
    イベントの本体展示のほう、僕も同感です。なんというか…夏休み自由研究の展示みたいでしたよね~。
    1企業1商品の宣伝プレゼンテーションのための展示ではないのだからと言われてしまえばそれまでなんですが。

  4. 堕民さん>>
    前日が前日でしたからねえ、自分も8時にいちど起きましたが、出掛ける前にあまりに眠いので1時間寝直しました。

  5. 率直なご意見をありがとうございます。審査の場を一般に公開する(=見せないことが前提の場を見せる)というそもそもの成り立ちから来る難しさはありますが、これだけデザインへの関心が高くなり多くの来場者があると、確かにデザインの適切な見せ方・伝え方を考えなければいけないと思います。いっぽうでデザインをまだあまり意識していない領域や、もっとデザインが活用できるジャンルに門戸を開いてデザインを社会に広げていくこと、デザインが決して一握りの高感度層だけが理解できるものでないと体感してもらう、そのための場でありたいとも考えています。

  6. ロボ部長さん>>
    どうも今回はありがとうございました。外野の立場から勝手な意見を言ってしまいましたが、ご苦労は理解しております。立場は違いますが色んな形でご協力できれば素晴らしいなと思っていますので、今後ともよろしくお願い致します。
    ところで、どうです?新しい彼女は(笑)

  7. 黒服でちょっとツリ目気味、アスリート系とやや手強い彼女ですが、初デートはとても楽しくて心が躍りました(嬉)。9月上旬頃にはご紹介しますよ。

  8. ロボ部長さん>>
    おお、それは素晴らしい。是非ともツーリングに出掛けましょう。各地の建築など見て回るのも楽しいですよ。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑