さて、今回もマックになったのはお話しした通りなのだが、デザインの仕事の中でもWEBに関しては、客観的に見てマックを使う理由はあまりないとされている。

やはり制作したWEBを見るのは圧倒的にウィンドウズだからである。理由がないと言うより、ウィンドウズを使った方が好ましいとさえ思う。
それでもマックを使い続けるのは何故か?ハードウェアや価格、日常の汎用性などではやはりウィンドウズマシンが優位である事は明白であるにも関わらずだ。
マックが使いやすいから?確かにそれはあると思う。いくらウィンドウズが使いやすくなったとは言え、細かな点ではまだマックOSの方が洗練されてはいるだろう。しかしそれはもはや決定的なものでもないし、自分自身の慣れもある。
結局のところマックのもつ魅力とは、ソフトウェア的な魅力であろう。これはOSがどうとかいう意味ではない。機械であれば、もちろんハードウェア的な魅力は重要ではあるのだが、あまりにもウィンドウズマシンにはソフトウェア的な魅力が感じられない。目指しているものが皆似通っており、その性格は白もののそれとほぼ同じように感じられるのだ。そういった点でアップルと言う会社がもつものなのか、CEOのジョブズがもつものなのかはわからないが、理屈や数値化出来ない魅力を持っていると考えられる。
こう言った魅力は万人向けのものではないが、商品が変わっても浸透していくところが強みではあると言える。

[`evernote` not found]