Kahan Plus

LUMIX GF2発表

本日、国内でもパナソニックからLUMIX DMC-GF2が発表されました。

LUMIX DMC-GF2

以前より、愛機DiMAGE A200の後継として、GF1に注目していましたが、マイクロフォーサーズのミラーレス一眼と言う新ジャンルゆえ、信頼性や使い勝手の面で、一度はモデルチェンジしてから…と考えて静観していました。実際、その間にライバル機も登場しているので、その研究が新モデルに活かされる可能性もあるわけです。

そうして登場したGF2、静止画撮影の範囲ではさほど大きな進歩はないようで、期待はずれの声もありますが、約2割ほど小型化されたボディサイズはGF1に「もう少し小さければ」と思っていただけにこれはありがたい進化。ただ、この小型化のウラには操作体系の一新があって、従来からのダイヤルが消え、タッチスクリーンでの操作メインになっていました。アナログな操作感が好印象だったGF1だけにこれはちょっと…と思ったものの、よく考えるとモードダイヤルはそもそもそれほど使っていなかったし、自分の期待するアナログ操作はファインダーをのぞいた姿勢での操作を想定したもので、こういったコンパクトデジカメ同様の背面液晶を見ながらの操作であれば、かえってタッチパネル方式の方がいいのかも知れません。ちょっと寂しい気はしますけど。

それにしてもどうなんでしょう?画像のように小型のパンケーキレンズ装着時は問題ないんでしょうが、長めの望遠レンズやズームレンズを装着した時に、両腕を伸ばして撮るのはブレブレになりそうでちょっと心許なく、ファインダーはあった方がいい気もしますね。ファインダーをのぞくことが重要なのではなくて、ファインダーをのぞいた姿勢は自然にカメラをシッカリ構えることになるからです。GF1/GF2にも後付けのライブビューファインダーはあるんだけれど、2万円弱と画素数の割にちょっとお高い。

しかしモデル末期とあって、今日の時点でGF1の20mmパンケーキレンズセットが38500円と破格の値段でこれが相当悩ましい。(GF2は67800円スタート)このf1.7と明るくて描画の評価も高い20mmレンズがGF1にはついてくるけれど、GF2だと14mm/f2.5になってしまいます。20mmが欲しくて後から買おうと思ったら3万円以上と本体セットと変わらない値段になってしまうためちょっとアホらしい。20mmを使いたいなら安くてアナログな操作感の残るGF1を買ってしまう方が得策か…と思うのは自然の成り行き。

でも、よくよく考えると自分のように旅先での建築物やら、クルマやらと言う場合には20mmより14mmの方が使いやすいかもしれないし、そもそも使いやすさから言えば14-140mmのズームレンズの方が A200の後継には相応しいはず。

まあ、格安GF1の誘いは強力ですが、もうしばらくミラーレスカメラの動向を見守ってGF2か、GF3か、はたまた別のモデルか、じっくり判断しようかな。

Panasonic DMC-GF2 C-W Panasonic DMC-GF2 C-W
レビューを見る
欲しいものリストに追加
価格:59800円 在庫あり。powered by Amazon.co.jp

Categories: Mono

蒔絵梅に鴛鴦図硯箱 » « 祝・Sベッテル初戴冠

4 Comments

  1. しのごの言わずに新しいのをさくっと買っちゃいましょう!

    そして、A200はわいのところにお預かり中の予備機と交換(爆)

  2. >>でぃりぃどの
    そういうでぃりぃどのこそ、最終GF1買って下さいよー。38000円なら後悔しないってー。500がまだキレイなう・ち・に。

  3. うちもデジカメ後継はホシクてたまらないこの頃ですよ・・。国家予算がなかなかつかないのですが、コンパクトなのか?一眼なのか?最近魅力が出て来たこんなネオ一眼?なのか迷いますよね・。

  4. >>YUPAはん
    GF2も性能的にはGF1と変わらないそうですし、GF1の大値引きはホントにお買得ですヨ。自分A200があるのでなかなかフン切りつかないんですが、過ぎた時間を良いカメラで撮り直すことはできないですからね。電気屋でまず触ってきてみてはいかがです?
    http://craigmod.com/journal/gf1-fieldtest/jp/
    ここみるとめちゃくちゃ欲しくなりますよ。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑