このところ広島へは飛行機が多く、クルマで行ったりもしていたが、今回は新幹線。結局新幹線が一番ラクだった。



前にも書いたが、飛行機の場合、空港は昔に比べて格段に市街から遠くなってしまったために不便な事この上ない。目的地が宮島で、結局JRに乗るからその点新幹線の方が便利だし、飛行機よりも乗ってる時間が長くなったとは言え、随分速くなった。昔は(1980年頃?)5時間以上かかっていたのが、今ではなんと4時間を切るのだ。実に1時間10分ほども短縮されている訳だ。東海道内なら眺めもいいし、座席も広い。気が向けば途中下車も出来るし、なにより落ちる心配がない(笑)。また山陽新幹線では時速300キロが体験出来てしまう。さすが西日本、日本一ラテンなJRである。

今回岡山でも宿泊する事にしたが、サン・ピーチ岡山という公共の施設。出来たばかりでもうピッカピカ。しかし値段は1泊コミコミで5000円!部屋も広いし、最寄りのコンビニまで 3分ほどあるのと、近くに怪しげな呼び込みがいる事を除けば、上出来の宿だ。晩ご飯はちかくの「中華そば 丸天」に入ってみたが、これがなかなかうまかった。メニューは中華そばひとつしかなく、500円。おすすめ。

ホテルの部屋から外を眺めると画像の様な眺めになる。山陽新幹線にはまだ0系が頑張ってるんですね。もはやオリジナル塗装ではないけれど、自分にとってはこの0系が「ザ・新幹線」であって、1編成だけでもずっと走り続けて欲しいものです。