2日目午後の部は江差方面へのドライブだ。午前の部が9時頃に終わったので一旦ホテルに戻り1時間ほど休憩してから出発する事にした。

そりゃ、500を函館の街をバックに撮影したかったけれど、市内をちょろちょろするだけでは青森~函館の高い搬送料金を支払った意味がない!ということでドライブを計画していた。最初は江差方面プランと大沼から亀田半島をくるっと回るプラン、松前を回るプランで迷ったのだが、江差と言えば対面にある奥尻島のウニが食えるのではないかという事で江差にした。そして乙部町の道の駅「ルート229元和台」で札幌在住のMASTERSメンバーと落ち合う予定だ
国道277号線を西に向かうが、函館からだんだん天気が変化し、どんよりと曇ってしまった。あとで函館に戻るとまた天気が回復していたから、わずか4~50km程度の差で違っていたわけだ。
277号線から右に折れ、国道229号線に入ると間もなく左側に海が迫り、ほどなく前方に館の岬が見える。これは「東洋のグランドキャニオン」と呼ばれているらしいがそれはちょっと言い過ぎか(笑)海底のいくつもの地層が堆積し、その後の地殻変動で隆起したと言われるものだ。国道から左に入り、漁港のわきを通るとこれらが一望出来る場所に出られた。
その後道の駅を見つけ、いざ、駐車場に入ろうとしていた時にちょうど反対側から待合せをしていたしろくま号が来るではないか。12時待合せの予定が11時33分の同時到着とは素晴らしい。

[`evernote` not found]