ウニ目当てで訪れた江差だったが、甘かった。奥尻へ向かうフェリー乗り場付近にあるだろうと勝手に思い込んでいたのだが、なかなか見つからない。


丼ものと看板に書いてありながらウニ丼は扱っていなかったり、カモメ島を散策したあとに、土産物屋のお兄ちゃんに聞いてみたが、「自分もよく行きますよ」というオススメスポットでは売り切れだったり、江差駅周辺の寿司屋はまだ準備中で開いていなかったりでなかなか食べられない。あまりの深追いも時間の無駄だと仕方なく南下して上ノ国町方面に向かい、道の駅「上ノ国もんじゅ」を訪れる。ここの眺めもまた素晴らしい、快晴ならきっといい眺めなのであろう。
ここにはレストランがあるのでちょっとのぞいてみるとなんと生ウニ丼(1800円)がありました。YUPA氏はあまりお腹がすいていなかったので、ハーフサイズのウニ丼はないですか?と聞いてみたところ、メニューにはないのだが、半分の量で半分の値段で作ってくれた。この良心的対応には驚いた。
ここの道の駅には図書館も併設されており、素晴らしいロケーションで寛げるようになっている。
このあとは、JR江差線沿いの道道5号線を通って再び函館に戻る。

[`evernote` not found]