Kahan Plus

龍野(兵庫県たつの市)

祖母のお見舞いに行く時には、不測の事態に備えていつも予備日を設定していることもあって、普通は近場の観光などにあてている。

実際父方の実家の「宮島」も、今回の母方の実家「赤穂」もそれぞれ「厳島神社」「姫路城」と近場に世界遺産があり、瀬戸内海に面している事から歴史の面でも景色の面でも見所が満載だ。
今回ピックアップしたのは「龍野、坂越、室津」の古い町並みコースと、安藤忠雄の「木の殿堂」と皿蕎麦の町「出石」を巡るコース、そして瀬戸内海の「直島」を訪れるコースの3本。
町並みコースはどれも祖母の家に行く過程で寄る事ができるので、まず決定。前回書いたように、自宅から山陽道を使ってたつのICで下車、給油の後に龍野城に向かった。
おおまかな地図しかなかったので、途中立ち話をしているおばさまに「お城はどっちにいけばいいです?」と聞いたところ、わらわらとおばさま8人くらいに取り囲まれ、口々に説明をしてくれる。とても親切なのだが、皆いっぺんに話すので、結局何がなんだか分からず「おおきに(汗)」と適当に進めたが、運良く簡単に到着できた。

龍野は大きく観光化されているわけでもなく、かといって終わっているのではなく、今の生活に溶け込んでいるため、非常に雰囲気のいいところだ。
龍野城に訪れるのは今回が最初ではなく、最近では「THE MASTERPIECE」の撮影のために来た。この画像を見た当時のマツダのデザイナー福田氏はとても感激してくださり、ご自身でも訪れられたと言う場所だ。特徴的な木の枝もそのままでとても絵になるところ、でもやはりユーノス500の方が風景に溶け込んでいただろうか。
当日はまだ朝が早くて、観光者用の駐車場がまだ開いておらず、また時折パラパラくる雨のためにお城以外をじっくり見てまわるのはまた次回に回し、次の目的地室津へ向かう事にした。


Categories: Architecture, Travel

室津(兵庫県たつの市) » « 最高燃費17km/Lを記録

2 Comments

  1. おや、どこかで見たアングルと思ったら。(笑)

  2. yupaさん>>
    わはは、やっぱりここはいいですよ。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑