先週末、土曜は阿佐ヶ谷の友人宅に、日曜は横浜でデミオ展にと用事があった。

いつも友人宅へいくと深夜まで遊んでいるので、これは交通費をかけて自宅に戻るより、安いホテルに泊まって、そのまま横浜子安に向かう方がいいんじゃなかろうかと思った。
早速ネットで東京南西部や川崎、横浜で探してみたところ、思ったほど安いところがない。できれば5000円未満がいいけれど、クルマなので駐車代を含めるとどうしても超えてしまう。かといってカプセルは気が進まないし…。
そんななかで見つけた1つは川崎国際交流センターホテル。駐車場が無料で、元住吉なので通り道だし、なかなかきれいで利用者からの評判もいいようだ。でも6000円かかっていまうので、価格的には自宅に帰るのとさほど変わらなくなってしまう。
もう1つは有名な東横インで、通常なら5700~6800円程度の室料に、駐車代がかっかってしまうのだが、新子安駅前店では、シンデレラリバティプランというのがあって、当日24時過ぎてからの電話予約または、直接伺った場合、空室があればシングル税込み4095円で泊まれると言うもの。駐車代800円をプラスしても5000円未満と安価だが、当然空室がなければ泊まれない。ビジネスホテルなので、土曜ならほぼ空室があるだろうが、少し心配である。
そこで、ちょっと目先を変えてオークションで株主優待券を探してみる。50%割引でも元が高かったり曜日が限られてたり、逆に元が安ければ割引率が低かったりとなかなか合わないが、カラカミ観光グループのホテルだけは条件が合った。なかでも川崎グランドホテルは場所も目的地の間にあるし、駐車場も無料(5ナンバーのみ)、バイキング形式の朝食までついて4200円で泊まれてしまう。オークションでの相場は500円程度、送料手数料を加えても700円くらいなので、5000円以内には収まる。
そして当日は深夜1時にチェックイン。決してきれいなホテルではないものの、従業員の態度もいいいし、部屋も平均以上の広さ。備品も揃っているし、インターネット用のLAN設備もある。
今回ポイント高かったのは、チェックアウトタイムのリミットが11時とされていること。デミオ展が12時からなので、これが10時だとどこかで時間をつぶさなければならなかったとこだ。
というわけで、節約もできたし、いいことづくめだったのだが、最後にいらないおつりを貰ってしまった。
もともとここの駐車場は5ナンバーまでしか入らない立体駐車場で、入れる時も「きっつー」と思いながら入れたのだが、バックで出庫の時に、駐車場のトレーに前左ホイールをガリガリと…。古い立駐の場合、ボディ幅よりもワイドトレッドの方がきつくなるようだ。そもそも当時主流の扁平率の低いホイールならこすってもタイヤだったろうし、もうちょっと気をつければ良かった。