この3連休の土日を使って、ユーノス500のミーティングがあった。

今回は名古屋周辺に住むメンバーたちが企画してくれたので、犬山、知多に続いて3回目の名古屋での開催となる。そこで、方向としては同じことから、一度は9月に予定していながら、延び延びになっていた赤穂市の祖母宅訪問も兼ねることにした。その分長く家を空けてしまうが、分けて行くよりも若干交通費の節約にはなるはずだ。
ホテルは大阪に2泊予約しておいて、初日木曜日は0時頃出発。朝尼崎に着いたらクルマを置いて、電車で赤穂の祖母宅に向かい、金曜日は須磨と神戸の源平史跡を見て、土曜日は早朝京都大原に立ち寄った後に、名古屋でのミーティングに向かう…と言う予定だった。でも、祖母の都合によって直前に予定を変更し、初日に大原に直行することになった。2日目に祖母宅、3、4日目は名古屋である。
前日くらいから、予定に合わせて夜型にすべく昼夜逆転生活を試みてもたものの、うまくいかず、案の定運転中由比を過ぎたあたりから眠くなってしまった。
以前、広島行きのときに役立ったので、今回もハイウェイナビゲータで、各インターチェンジの通過時刻を調べておき、遅れ気味かどうかを常にチェックできるようにしていた。1時に横浜町田から入った場合、栗東ICには6時半になる予定だったのだが、結局途中仮眠をとってしまったために、約1時間遅れになり、若干取り戻したものの7時過ぎに通過した。
京都大原での1番の目的地寂光院のOPENが9時なので、栗東7時なら余裕なはずなのだが、コスモのセルフスタンドが坂本なので、寄ったついでに先に日吉大社周辺の独特の街並や、坂本城跡などをみて、8時頃に寂光院に着きたかったのだ。結局給油が終わったのが8時ちょうどだったので、そのまま大原に向かうこととした。試そうと思っていた燃費走行もできず、この時点での燃費は15.2km/lと平凡なものに終わった。

[`evernote` not found]