24日は早朝4時前に起きて、5時にはホテルを出発、再び比叡山東麓へ向かう。

2日前の雨がどうしても残念でならなかったので、なんとか飛ばしてしまった坂本だけでも行ってみたいと思ったのだ。
坂本の街は、古来比叡山延暦寺と日吉大社の門前町の役割を担い、穴太(あのう)積みと呼ばれる石垣の里坊の立ち並ぶ様がとくに特徴的。日吉の馬場と呼ばれるメインストリートが、2日前の給油時に通った時になかなかいい雰囲気で、紅葉も美しかったために、早朝に写真だけでも…と思ったわけだ。
ちなみに坂本龍馬の坂本は、この地からとっているらしい。
しかし、現地には6時過ぎには着いたのだが、関西は関東に比べて日の出が遅いため、こういう時はとても不便に感じてしまう。当日は快晴ながら、結局まともに写真が撮れるようになったのは7時半を回った頃で、すっかり人出も多くなってしまっていた。
それでもあちらこちらで写真を撮って、8時頃に退散、坂本城趾のすぐ横で朝マックをした。


本来ならこのあたりは延暦寺や三井寺など、見所満載なのだが、朝マック後は薩摩守忠度に「さざなみや志賀の都はあれにしを昔ながらの山桜かな」と詠まれた長等山を眺めつつ、そのまま大津まで直行した。

[`evernote` not found]