今回観戦したM席はなかなかの席でした。

上の画像だけ見ると、去年のF席↓とあまり変わらないようですが、

上段になればなるほど、左を望めば

こんなふうにシケインへのアプローチから駆け上がって来るのが見え、右を望めば

ホームストレートの入り口を加速して行くマシンが見えます。さらに、最上段に席の方なら、立ち上がって後方を見れば、

ストレートの続きまで見えちゃうという、1台のマシンを追える時間が長いのが特長。
昨年はアクセスが悪くて不評を買ったらしいんですが、今年は大幅にカイゼン。位置関係は↓の図のようになります。

短所はと言うと、今回のようなクルサードの事故の場合は1秒たりともレースをしているところを見られないことでしょうね!
あとは、場所によっては隣の自由席とあまり景色が変わらないことでしょうか、スタンドの下の方だと眺望が効かず美点を失ってしまうことに。また、大雄山のバス乗降場は右端P32のところなので、延々歩かされます。(公式サイトでは2.3kmで約46分と出ています。)もともと第1希望はより近めの1~2コーナーD席だったんですが、やはりここは1番人気だったようで、アッサリ落ちました。でも、M席よりも5000円高いんです。M席はお向かいのN席やL席の31000円に次いで36000円と2番目に安いのがいいですね。
それと、午前中の早い時間しか順光でないので、写真を撮るにはちょっと不向きかも。
今どきのサーキットはランオフエリアが広大なので生半可な望遠レンズじゃ全然届きませんね。コニミノのA200は28~200mmズームなんですが、200mmいっぱいいいっぱいでも画像は下の通り、ブログにはトリミングしないといけません。

実は今回友人にエクシリムのEX-F1を借りようと思っていたんですが、ちょうどハワイに行っていて借りられませんでした(爆)。これなら望遠が432mm相当まで延びるので、単純にマシンの大きさは2倍ちょっとになりますね。普段はあまり使わない倍率…と言うか広角好きなので、F1の時のためだけに超望遠は買えません。でも400mmオーバーのレンズって鳥を撮る時にも良いんですよね。
ちょっと話がズレましたがそんなわけでM席は割とオススメ。コストパフォーマンスとして見ても結構良いと思います。
ちょっともったいないのが目の前の15コーナー、バンク角が浅くて、ドライバーからは逆バンクにも感じるそうです。ここでミスしてタイムロスする車が結構多いんですが、このコーナーからストレートに直接繋がってくれると、鈴鹿のスプーンみたいに、15コーナーを巧く抜けた車がストレートで伸びる図式が出来上がるんですが、残念ながらストレートの手前にはもうひとつコーナーがあって3速まで落としちゃうので、15コーナーでのミスがあまりストレートに反映されなくなっちゃうんですよね。これがなければもっとストレートでのオーバーテイクが見られそうなものを…と思ってしまいます。