Kahan Plus

富士F1観戦 その8

きのうのサーキット場内では「明日曇りになるかも」と言われていましたが、今朝TVの予報ではやはり雨。

フリー走行の3回目は初日よりも1時間遅い11時からですが、人出を予想してきのうより30分早い6時半頃にホテルを出発、まだ雨は降っていません。まずはスグ近くのセブンイレブンでおにぎりを購入。セブンイレブンではちょうどおにぎり100円セールを開催中で実に有り難い。おにぎりの方が吉牛と比べて融通が利く分雨にはうってつけで、しかもレッドブルのスポンサーさんですからお金を落とさないとね。
小田原駅では、きのう以上に観戦姿の人はまばら、ここでこれだけ空いていると言うことはサーキットまでのスムーズさが保証されると言うわけで、8時半頃にはサーキットに到着。バスを降りると多少雨が降っていたのでカッパを着込んだけれど、さほど冷え込んでいないのが予想外。暫く歩くと暑くなってくるほど。

今日最初の目的は、レッドブルチーム系列の組織が発行するフリーペーパー「THE RED BULLETIN」をもらうこと。リザルトはもちろん開催地や様々なF1関連特集を盛り込んだ大判の冊子は、いまはなき日本のF1速報誌「GPX」を彷彿させるもの。レッドブル系列でありながらその内容は広報目的のような偏ったものではなく、きわめてニュートラルなうえ、クールでウィットに富んだ内容はすでにパドックでの評判も上々、なくてはならないアイテムとなっているようです。毎回サーキット内で作られているのが凄いです。英語で書かれてはいるものの、この内容の充実振りでフリーとはまさにオドロキ。日本の某F1チームが出版社と結託して「エフワンダー」なるものを作らせたのとは大違いですね。

配布物と言えば今年のサーキットガイドはよくできていました。昨年のような折りたたみ地図の感じではなく、8ページのA5サイズの冊子になっていて、コンパクトで持ち歩きやすく、なんと表紙は雨にも多少耐えられるようにコーティングされています。内容も見やすくてなかなか良くできていたんじゃないでしょうか。

公式プログラムも、鈴鹿の時に比べて紙面など多少あか抜けているように思いました。1冊2千円と安くはないだけにキチンと作られている方が嬉しいものです。

グランドスタンド裏に着く頃には雨の量が多くなってきたので、大屋根の下に避難。このエリアには2カ所あってそれなりに大きいものの、今年から作られたもので、こんな時大変有り難いんですが、もともとスタンド席には屋根があり、そこのお客さんたちが出てきて屋根を使ってしまうと、それだけスタンド以外のお客さんがあぶれてしまうため、他のエリアにもぜひ作ってもらいたいですね。雨の多い富士だからこそでしょうし、屋根は雨のときだけでなく夏の強烈な日差し避けにもなりますから、とても大切な設備です。
1時間半ほど大屋根の下にレジャーシートを敷いてRED BULLETINを眺めたり、おにぎりを食べたりしてすごしてましたが、フリー走行の始まる11時に近くなってくると幸い雨も上がったので、指定席に移動、結局この日はフリー走行、予選ともにドライの状態で観ることができました。雲が残っている分、きのうのような暑さもなく思いのほか快適な観戦状況です。
午後の予選ではDCは今季1度しか勝っていないチームメートに勝ち、11番グリッドをゲット。惜しくもQ3には進めませんでしたが、作戦が自由になる中では一番前なワケですから悪くありません。雨上がりの富士を期待に胸を膨らませつつ後にすることができました。


Categories: F1, Travel

富士F1観戦 その9 » « 富士F1観戦 その7

2 Comments

  1. 「THE RED BULLETIN」スゴいですよねー。
    私は土日のみの観戦だったので、金曜版を手に入れられなかったのが悔やまれます…(^_^ゞ
    ちなみに大屋根ですが、フジプラザやスピードウェイプラザにも用意されていました。
    この点に関しては、来年の鈴鹿にプレッシャーがかかってますねぇ。

  2. >>wakaさま
    どーもコメントありがとうございます。
    BULLETINは金曜もいたのに配布されてるとは知らずにもらい損ねたんですよ。オークションに出ているのを見て知った次第で…。
    プラザ系の大テントは、何か食べてないと居るのが悪い気がしてしまって、スタンド裏とはちょっと趣が違う気がしまして…。
    でも濡れながら食べるのも嫌ですし、鈴鹿も考慮して欲しいところですね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑