北陸新幹線開通以来、一度やってみたかったのがひと筆書きの旅。

北陸新幹線

東京から京都を往復する際に、フツーに東海道新幹線で往復する料金に、たった数百円追加するだけで、金沢など北陸の旅ができてしまうというひと筆書ききっぷ。これはつまり、長距離になるほど1kmあたりの単価が安くなるというJR乗車券の特徴を活かしたもので、帰省ついでに「ちょっと足して旅」をしちゃう自分にはなんとも魅力的なプラン。

これにはいくつかポイントがあって、まず時計回りがオススメ。特急サンダーバード(京都〜金沢)と北陸新幹線(金沢〜東京)を乗り継ぐ場合、サンダーバードの特急料金が半額になる乗継割引は、時計回りなら金沢で1泊しても適用になりますが、逆回りの場合は、その日のうちに乗り継がないといけません。

また、京都で降りる場合は重複する山科〜京都の往復分のきっぷが別途必要となりますが、京都で改札を出ずに、そのまま山科以北に向かう場合は、分岐駅通過特例が適用されて、この乗車券は要らないそうです。坂本や大津、または山科から地下鉄で南禅寺あたりを目指す場合にはいいかも。

きっときと北陸ひと筆書きの旅

あとは北陸新幹線で東京方面に帰る場合、東京まで行かずに上野で降りると、特急料金が缶ビール1本分弱お安くなります。

と、かなり魅力的なのですが、じつは自分のように和歌山まで行ってしまうと、片道700km以上の往復割引が適用される分、ひと筆書きのうまみが減って、数千円の追加が必要になってしまいます。それでも数千円で北陸を満喫できるのはじつにいい話。それに今後北陸新幹線が延伸されれば、特急料金が上がって、価格的な魅力も減ってしまうため、今だけの期間限定プランとも言えます。

かねてから行きたかった一乗谷朝倉氏庭園や瑞龍寺を筆頭に、さらに観光スポット探して目に留まったのが「富山湾越しの立山連峰」。是非とも見てみたい絶景だけれど、この時期の北陸はほとんど晴れの日がないそうで、こればかりは運次第。でも望みをもって宿は氷見の海に近い民宿としました。ブリも期待できそうです。

雨天時の代案も考慮しつつ、いざ、旅に出発。のぞみ、くろしお、サンダーバード、しらさぎ、つるぎ、はくたか、かがやきと7つの特急を乗り継いだ「きっときと北陸ひと筆書きの旅」、その内容はまた次回。