いや、それにしても琢磨はもったいなかった。日本人では2番目に(1番は亜久里)強運だと思っていたのに残り3周でリタイヤとは…。


まったくなかなか安心してみていられないドライバーではある。バトンはかなり安心して見ていられるのだから。でもまだあと16戦もあるのだし、頑張ってもらいたい。
トヨタは格好悪すぎです。トップチームに迫る予算がありつつもあのていたらく。やる気があるのかーと言いたくなるが、トヨタ車のイメージといまのチーム状況がピッタリ合ってしまうところがまた面白いと言うか、情けないと言うか。どっちみちダメなら高木でも本山でも、日本人乗せてよ。
フェラーリは相変わらず速く、よほどの事がないとこのまま行ってしまいそうだが、ウィリアムズ、マクラーレン、ルノー、BARはほぼ横一線という感じだろうか。この辺の争いは面白そうである。
予算縮小の為にはテスト制限が最も効果的だと現場は言うけれど、テストがなければ初戦の実力のまま終わってしまいそうなので、ある程度は必要だろう。そもそもテストも現状のような観客もいないところでマシンを走らせるのも勿体ないから、年間18~20戦にして、木曜、金曜をテストに割り当てればいいのではないか。スポンサーもその方が喜ぶと思われる。ま、ここで何を行っても無駄ではあるのだが…。

[`evernote` not found]