Kahan Plus

電撃移籍

電撃移籍と言う言葉そのものだった今回のフェルナンド・アロンソ選手のマクラーレン移籍。

マクラーレンに行く事自体も、この時期での発表にも驚きましたねー。なにしろマクラーレンには鉄壁と言われたドライバーラインナップがあるわけで、言ってみればそのあおりでクルサードのシートが危うかったわけですからね。と言う事はライコネンのフェラーリ移籍がほぼ確定的と言う事なんでしょうか?
この時期に発表した事についてマクラーレンのロン・デニスは、「フェルナンドもマクラーレン・メルセデスも、きちんとしたプロフェッショナルな形で、可及的速やかにこの発表を行いたいと望んでいた。マクラーレン・メルセデス、フェルナンド、キミ、ファン‐パブロが2006年シーズンに向けたさまざまな準備に集中できるようにするためだ」と語っていたようだが、それはあくまで表面的なもので、実はライコネンのフェラーリ移籍を先に発表されることで、「マクラーレンチームが袖にされた」感を出したくなかったからではないだろうか?ロン・デニスのプライドからしてそんなこともあり得る。
この移籍でちょっとチャンスなのはフィジコだろうか。いままではチームがどうしてもアロンソ寄りになってしまいがちで、前の年のトゥルーリもその割を食ったのだが、この移籍発表によってチームの意識の流れがフィジコに傾くかも知れないのだ。しかし、万年運なしフィジコ選手なので、また新たな試練があることも否定できない。ルノーは2007年からコヴァライネンと現ウィリアムズのマーク・ウェバーの移籍がささやかれており、どっちにしても内心穏やかではないだろう。来季の奮起に期待したいところだ。
それにしても、アロンソはホンダが狙っていたのではなかったのだろうか?一時期ホンダはアロンソを獲得して、メインスポンサーをレプソルとし、WGPと同じくレプソルホンダで参戦したがっているような話があったと思う。単純に現状でENEOSがついているからなのか、ニューウィーも狙っていながら獲得を失敗したそうだし、チーム名も口を滑らせたりと、その手腕が疑問視されつつあるニック・フライがまたしくじったのか…。

[`evernote` not found]

Categories: F1

FIESTA ST 近況 » « 年末の憂鬱

2 Comments

  1. ビックリしましたよ、アロンソ。YUPA応援の選手なんで(笑)
    しかも来来季の話でしょ!!?こんなんで今度のシーズンはモチベーション保てるんでしょうかねぇ。今季みたいに調子が良ければイイけど、琢磨みたいに空回りしはじめちゃったら、やる気もガックーンな気がして心配ですわ・・・。

  2. YUPAさん>>
    モントーヤはあんまりいい気がしてないかもしれないですねぇ。でも、ライコネンがホントにフェラーリに行くのであれば、彼もフィジケラと同じくチームを味方につけるチャンスかも知れないですね。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑