Kahan Plus

F1日本GPのチケット申込開始

今年、富士で開催されるF1日本グランプリのチケット申込が2日から始まっている。

小生も宿泊をはじめ、あれこれと手配をはじめた。
チケット申込は専用サイトにて登録後おこなうことができるが、先着順ではないため、15日までの間に申し込めば平等に抽選される。漏れた場合には5月1日からの2次抽選に申込むことになる。
今回、FSWへ行くのは基本的にシャトルバスのみとなっており、鉄道なら指定された駅、クルマなら指定された駐車場からバスに乗らなくてはならない。そのため、申込時にバスに乗るまでの手段と、バスに乗る場所を第3希望まで選ばなくてはならない。
小生のように東京、横浜方面からで、鉄道利用の場合には、シャトルバス接続場所は御殿場、駿河小山、新松田、大雄山、三島などになる。御殿場は一番遠くて電車賃がかかるが、駅からバス乗り場までが最も近いのと、バス乗車時間が25分のため渋滞の影響が少なさそう。駿河小山は御殿場と同じバス所要時間だが、近い分おトク。でもバス乗り場までが1kmほどある。新松田は小田急とJRが利用でき、横浜方面から最も近いので電車賃がおトク。抽選枠も最も多いがそれだけごったがえすということ。また1km以上歩かされるのと、JR松田駅を使った場合の案内がないのがちょっと心配。
結局のところどこの席になるかも、どこで乗り換えるかも(当たるかどうかも)抽選の結果が出るまで分からないということだ。
それでもホテルは抑えておかないとマズいので、とりあえず旅窓で検索をかけてみると、さすがに残っているのは少ない。ビジネスホテルは3ヶ月前から予約開始というところが多いことも理由だろう。鈴鹿周辺のホテルはもう慣れているのでF1開催日に限っては1年前より受付というところも多かったのだが、こちらではまだまだだ。
できれば平塚辺りで抑えたかったのだが、あいておらず、辻堂か藤沢、あるいは海老名か本厚木になる。小田急だと潰しが効かないのし、東海道線なら房総からも横須賀線直通でアクセスしやすいのでJR沿線に、そして藤沢も良いのだが、辻堂の方が安いし御殿場により近いので辻堂になりそう。ただし問題はF1臨時列車が快速などで運転された場合、辻堂だと停まらなくて困る可能性もあるかも知れない。
今回はお気楽に旅行会社の観戦ツアーも考えたのだが、2泊もので最低でも1人85000円くらいするのでバカバカしくてやめた。
それにしても、慣れない場所での開催、普段以上に疲れそうだ。

[`evernote` not found]

Categories: F1

油選び » « さくらリベンジ

6 Comments

  1. ナイスな情報ありがとうございます。
    私共も今年はFSWに行きたいと思って、じゃらんなどで宿を探したんですが、まだ予約受付をしてなかったのですよ。
    チケットも先着順だったなんて知りませんでした。これから申し込みしてみます。

  2. >>みや殿
    いえいえチケットは先着順ではないんですよ。期間中に申し込めばいいんです。ただ、1次2次抽選が終わって、その次にチケットに余りがあった場合の3次受付は先着順らしいです。

  3. なるほど。。
    なんか、うちの旦那がチケットを買わなくても立ち見できるって言ってるんですが、本当でしょうか?いつもいいかげんな事を言っているので信用できないんです・・

  4. しょっぱーず

    2007年4月9日 — 10:54 PM

    お疲れ様です!
    富士での開催時のアクセスはシャトルバスのみという事で心配される交通渋滞は緩和されそうですね。その分周辺のホテルは近ければ近いほど予約が埋まりそうな感じですね。

  5. >>みやどの
    それは~、自由席ってことかな?自由席だとしても11000円のチケットが要るし~、まったくチケットなしってのは無理なんじゃないかなー。それともFSWに知り合いが要るとか…。そしたら紹介してくださいましー。
    >>しょっぱーずさん
    富士はなにしろメガトン級の観光地を控えていますから、当日東名がどういうことになるのか…これは考えただけで怖いですねえ。

  6. ですよね。うちも折角富士に近くなって、F1観戦行くか!と調べましたが、家族3人で行ったら、どう安いパターンの最低クラスを探しても10万は下らない・・・・。
    息子の「それなら行かなくってTVでイイやッ!」の一言であきらめました、
    アハハ。渋滞緩和な手段は分かりますけど、それに便乗した交通機関の儲け口を増やされた感じでお高い観戦ですよねぇ・・・・。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑