Kahan Plus

F1フランスGP

今までの流れとは裏腹にまったく存在感のなかったDC。

予選中はギアボックスの壊れた瞬間がバッチリ映っていたし、ニューウィーは全然ル・マンに出てる場合じゃなかったかも。(笑)
それでも壊れるまではいいペースでセッションをこなしていたし、レースではいくらかオーバーテイクが見られるかと思っていたところがこの結果。まあ確かに前がチームメートじゃやりにくい面もあったろうが、そのチームメートもバリチェロを抜けなかったのは痛かった。
一方琢磨もペナルティがあったとは言え、フリー走行も含めて定位置?に戻った感じでガックリ。次のシルバーストーンもよそのチームと違ってテストをしていないので苦戦しそう。
前回、他チームからのオファーがあったという噂が流れていたが、来年はどうするつもりなんだろう?スーパーアグリは来年きっとホンダとシャシーを共有する事になるのだろうが、エンジン規定のおかげでホンダの得意分野が生かしきれない以上、冷静な判断を下してもらいたいところ。ベネトンの誘いを蹴ってティレルに残った右京のような後悔はして欲しくない。
ところで、久々に勝ったフェラーリとライコネン。これで4人がそれぞれ2勝ずつと、チャンピオンシップもこうでなくっちゃつまらない。ただ、ライコネンもマッサが周回遅れに引っ掛かった恩恵で勝てたような感じで、まだちょっと煮え切らない。そう言えば放送中川井ちゃんが「フェラーリはライコネンを甘やかせ過ぎ」と言っていたが何の事なのだろうか。
今回、マッサとライコネンはどっちが勝っても不思議ではなかったけれど、なんとなく感じるのは、フェラーリのチームメート同士で、マッサが先行していてもライコネンは冷静でいられるが、逆のケースだとマッサは意識しすぎてとっちらかりそうなこと。チームとしてのポイントを稼ぎたいならマッサを前にしておく方がトク?
とっちらかると言えばアロンソ。やはりルノーではかなり優遇されていたのだろうか?
次のイギリスGPの結果次第で、それなりに今年後半のゆくえが占えそうだ。

[`evernote` not found]

Categories: F1

マツダ・デミオ » « 贅沢なランチ

4 Comments

  1. ねぇ、アロンソもDCも琢磨もガックシ・・。ですよねぇ。

  2. >>YUPAさん
    ですよねー。アロンソは詰めなきゃいけないところがどんどん離されて行ってしまってっますねぇ。残り試合数が減ってくるとちょっと危ないです。でもハミルトンの本拠地で勝てたら流れが変わるかも知れないですね。
    DCも次は地元、頑張って欲しいところです。

  3. ライコネンが勝って嬉しいには嬉しいのですが。。。。
    やっぱり切れた感じがなくて、実況見ながら寝そうになりました(^_^;)
    昨年までの切れ切れな感じはどこへ行ってしまったのでしょうか?
    酒の呑み過ぎかしら???

  4. >>ちょこめーさん
    酔拳でしょうか?酔拳ですね、酔拳なんですね?

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2017 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑