行く気マンマンだった法事が、じつは勘違いで来年だったことが分かり…。

桂離宮

やり場のない放浪欲を満たすために企画された今回の庭めぐり。「嫁を案内するときのための下見」などとうそぶいてみるも、「法事」という大義名分にかなうはずもなく、予算を抑えて手元不如意な旅となりました。

とはいえ、色々と調べてみるのはなかなか楽しいもので、じつは関西ってのはかなりお安く行けることが判明。
まずは交通手段ですが、夜行バスは8000円くらいするものと思っていたのがなんと、今は3000円程度からあるんですね。厳密にいうと、これらはフツーの高速バスとはちょっと違ってバスツアーなんです。つまりバスで東京から京都まで行くツアーに参加する…ということになるわけです。

で、3000円というのはあくまで最低ラインでの話で、連れがいない以上、当然隣には知らないヒトが座るわけで、バスの狭〜い座席で8時間ものあいだピッタリくっついてしまうことは容易に想像できます。それが若いカワイ子ちゃんならまだしも、そううまくいくはずもなく、それらを併せて考えると現実的なのは横3列のタイプでしょう。この場合の運賃は5〜6000円くらいですが、それでものぞみ号の半額以下で収まります。ほかにはナント、たった2列という贅沢プランもありますが、これだと1万円近くかかり、早朝到着と言うメリットはあるものの、JR東海ツアーズのこだま号プランとさして変わらない額になってしまいます。

次に宿ですが、都市のビジネスホテルと言うのは日曜日が暇なんですね。なので、日曜泊に安いプランを設定しているところが結構あります。今回利用した南方のホテルオークス新大阪もそのひとつで、楽天トラベルを通すと連泊プランの割引もあって、2泊で6500円、今回は用事ができて3泊となったんですが、それでも9900円でした。

このように、京都や関西でまるまる3日過ごせて17000円程度なら、時間さえ確保できればちょくちょく行けちゃいそうな感じです。

というわけで、下の図は今回の行程表です。

京都庭めぐりの旅

天気予報が直前までぐるぐると変わり、かなり翻弄されましたが、結果的に日本庭園を中心に19カ所ものスポットを回ることができました。

直前になって相生(新幹線だと姫路と岡山の間)にも行かなくてはならない用事ができてしまったため、全4日間(5泊6日)の日程になりましたが、一番雨が酷いであろう日を相生に割当てたために、当初予想されていた天気よりは随分マシな状態で京都を巡ることができました。

ちなみにiPod nanoに搭載されている万歩計の結果によると、
・1日目(3月4日):18867歩 13.82km 08時間03分03秒
・3日目(3月6日):28686歩 21.64km 11時間07分01秒
・4日目(3月7日):31930歩 24.37km 10時間49分25秒
というわけで、初日こそ雨の影響で少なめだったものの、3日間合計で約8万歩、60km、30時間ほっつき歩いていたことになります。

日頃の運動不足が祟って結構体にキましたが、1度行くともっと行きたくなるのが旅というやつで、このような安いプランもあることだし、また行きたいですね。
しばらくはこの「京都庭めぐりの旅」のレポートをアップしていく予定です。