さて、大徳寺の庭めぐりも境内南寄りの瑞峯院に到着。

京都庭めぐりの旅 ~ 大徳寺 瑞峯院

まっ先に現れる清楚な中庭が期待を抱かせてくれます。

創建当時のままの建物で、重要文化財に指定されている方丈に移ると、その南側には独坐庭と呼ばれる枯山水庭園が広がります。これは開祖である大満国師の400年遠忌を機に作られたもので、作庭にあたったのは重森三玲。ちなみに瑞峯院はストリートビューで見られます。

京都庭めぐりの旅 ~ 大徳寺 瑞峯院

蓬莱山を表す巨大な立石と寝かされた石の組み合わせは、同じく重森三玲の東福寺を想い起こしますが、どうも多弁と言うか、やりすぎと言うか、これを毎日眺めているとちょっと飽きそうな気がします。

京都庭めぐりの旅 ~ 大徳寺 瑞峯院

ジーっと眺めていてもいまいち集中できない感じで、この砂紋などは必要だったんでしょうか。

反対の北側には、こちらも重森三玲の閑眠庭があります。

京都庭めぐりの旅 大徳寺瑞峯院

こちらの方が幾分落ち着きますが、やはりとらえどころがない印象。しかもこの庭は開基の大友宗麟氏がキリシタン大名であったことにちなんで、十字架がイメージされているそうで、当時の作庭ならまだしも、昭和の時代に隠し要素のようにして形に込められてしまうのは、作為が過ぎて個人的にはあまり好きにはなれませんでした。

とても奇麗に維持されていて、気持ちの良いお寺なんですが、お庭に関してはちょっと残念な印象が残ってしまいました。


GoogleMapで見る

[`evernote` not found]