オーディオ新世代化完了!

ずっと悩んだあげくに、買ってしまいましたよ、スピーカー。これで全てのコンポーネントが入れ替えられた事になる。

買い換えによる効果がもっとも大きいのがスピーカーだ。音質をあげたければまずスピーカーを買い替えるのが妥当なのだが結局一番最後になってしまった。その理由は流れとか色々あるが、やはり価格も大きい。
今のスピーカーはもう15年半も前に買ったものだが、定価は12万円もした。バイトで稼いだお金のほとんどをつぎ込んだ覚えがある。それをせっかく買い換えるならやはりグレードアップしたいし、そうすると売値でも20~25万くらいのものになってしまい、なかなか実行に移せないのだ。
それでもずっと欲しい機種はあった。B&WのCDM9NTで現在のものと同じトールボーイ型。しかし1本の値段が16万くらいするためカタログを眺めるだけで何年も過ぎていたのだ。下のクラスの7NTと言うのもあるのだが、今のスピーカーでそういった買い方をやってしまい、長らく後悔していたので今度はそうするわけにはいかない。
オークションも何度となく見たが、結局20万くらいになっている。そうこうしているうちになんと新モデルが出て生産中止。新品の在庫処分を狙ったが20万はかるくオーバー状態だった。
それからしばらく月日は流れ、突如見つけた大阪のショップでの中古品、多少傷ありという事で2本で15万。本体の色も欲しかったもの。傷は音質に関係ないからそれで安くなるならありがたい。ついに決めてしまった。いったいどんな音を聞かせてくれるのか今から楽しみだ。しかしこれで暫くは新譜を買えませんね。今ある在庫を新しい音で楽しんで過ごすとしましょうか。
今あるスピーカーはオークションで売却し、資金の足しにするつもりではあるが、20歳の頃から自分の音楽生活を支えて来てくれたし、そのデザインも気に入っていたのでやはり寂しい。3回の引っ越しと幾度となくくりかえした模様替えでは、いつもこのスピーカーを中心に部屋を作って来たものだ。15年半ともなればスピーカーといえども思い出は多い。いいオーナーに巡れ会えたらいいのだけれど。
それにしても結局アナログプレーヤーもCDプレーヤーもスピーカーも中古だ。ま、でも身分相応という奴でしょうかね。インターネットサマサマです。しかし、今度のものをまた15年使うと…自分はもう50か…。なんと、まあ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る