着盤「Dinah Washington / Dinah James」

エマーシーの記念すべき第1弾であったアルバムが届いた。ジャケットはご覧の通りコーティングが剥がれてメロメロだが、盤自体はほとんど傷なし。

Dinah James Feauturinh Dinah Washington
1954 Emarcy 36000
Dinah Washington (vo) / Crifford Brown, Maybard Ferguson, Clark Terry (tp) / Harold Land (ts) / Herb Geller (as) / Richie Powell, Junior Mance (p) / Keter Betts, George Morrow (b) / Max Roach (ds)
クリフォード・ブラウンを中心としたジャムセッションで、臨場感溢れる録音。これはセカンドプレスになるけれど、2100円とお買い得。小生はあまりジャケットの状態は気にしないので、それが理由で安くなるのであれば帰って好都合と言うものだ。これでめでたく、ヘレン・メリル、サラ・ヴォーンと合わせてブラウニーセッション3枚が揃ったわけだ。さすがにヘレンメリルはサードだが、これは仕方ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る