着盤 Ronnie Laws / Pressure Sensitive

しばらくクラシックが続いたので、軽快なアルバムを…というわけで、R.ロウズ1975年の作品。

これも元クルセイダーズのWayne Hendersonのプロデュースもの。他にJoe SampleやWilton Felderが強力バックアップ!…って、これじゃまんまクルセイダーズじゃんねぇと言うのは置いておいて、ロウズもストレートで気持ちのいいプレイをしています。
やっぱりオススメは1曲目「Always There」でしょうかね。
Ronnie Laws / Pressure Sensitive / 1975(Blue Note BN-LA452-G)
A面
1.Always There
2.Momma
3.Never be the Same
4.Tell Me Something Good
B面
1.Nothing to Lose
2.Tidal Wave
3.Why Do You Laugh at Me
4.Mis’ Mary’s Place

着盤 Ronnie Laws / Pressure Sensitive」への2件のフィードバック

  1. しかしクルセイダーズのプロデュース物は未だに飽きがきません。
    私はランディ・クロフォードが好きです。
    iPodに入れて500車内で聴いています。

  2. milesさん>>
    おひさしぶりです。秋はいけそーですか?あちらの国にはやはりうまい人はそれこそいっぱいいるので、プロデューサー次第でいいアルバムにも駄盤にもなるようなところありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る