着盤・Cannonball Adderley / In San Francisco

今回はキャノンボールの代表作とされる1959年シスコのジャズ・ワークショップでのライブアルバム。

ファンキーの権化とも言われたりするキャノンボール・アダレイだが、やはりその歌心ある演奏が最大の魅力。
マイルスのバンドを離れた彼が、思う存分自らのクインテットで力を発揮しており、選曲もそんな雰囲気によく合ったものとなっている。
今回入手したのはRiversideのSTEREO盤オリジナル。音もいいし、臨場感があって楽しめる。
Cannonball Adderley / In San Francisco / Riverside RLP1157
A面
1.This Here
2.Spontaneous Combustion
B面
1.Hi-Fly
2.You Got It!
3.Bohemia After Dark (aka Birdland After Dark)
4.Straight, No Chaser

着盤・Cannonball Adderley / In San Francisco」への4件のフィードバック

  1. 出ましたね!オリジナル盤収集。敬服します。
    私は、かなり昔の話ですが、京都河原町のブルーノートで、
    このレコードをリクエストした事があります。
    東京からわざわざスイングジャーナルを抱えて、店を探しました。
    泥臭さがどこか懐かしく、京都のジャズ喫茶にはピッタリのキャノンボールでした。

  2. 京都とJAZZっていいですよね。これ、ヤフオクで誰とも争わないまま3500円だったんですよ。今日も別のキャノンボール1950円とかで落とせてますし…彼は人気ないんですかねえ?

  3. なるほど。最近はkahan氏のようなオリジナル派の人が少なくなったんでしょうか、さっぱり喰い付いていないですね。
    根強い人気があるはずなんでしょうけど。
    しかし、さすがに「Somethin’ Elese」は最初から良い値が付いていますね、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る