着盤・Art Farmer / Modern Art

どーも”あの”友人と遊ぶとレコード熱が再燃してしまう。まあ、でも、予算も行ったしちょっとくらいはいいかー。

というわけで今回はアート・ファーマーの名盤。ピアノにエヴァンスが参加している事からもなかなかの人気盤である。最近とある著書での評価が悪かったらしいが、要は注目されている事には変わりない。
入手した盤はカナダ盤モノラルのためか、安かった。ただビニールノイズというんでしょうか、しゃりしゃりと言う音が結構うるさい。それでも本来の演奏の音はオリジナルらしく素晴らしい。本作はCDでも所有していたけれど断然密度が違う。残響音と言うか出た音が最後まできちんと再生されるために1音1音が気持ちいい。
同年、「クールストラッティン」にも参加し、ファンキーな演奏をしているファーマーだが、知性派エヴァンス参加もあってか、ここでは比較的落ち着いていてシブい仕上がり。もともとファーマーはマイルス派と言われている事から「カインド・オブ・ブルー」を出すまでもなく相性も悪くないわけだ。ゴルソンとのコンビネーションも実にうまくいっている。

着盤・Art Farmer / Modern Art」への3件のフィードバック

  1. アート・ファーマーってマイルス派だったんですか。
    ほとんど興味がありませんでしたが、どんな感じの音ですか?
    この演奏はいわゆるゴルソンハモーニー?

  2. milesどの>>
    そうそう、当初はマイルス派だったらしーですよ。どんな音かは~なかなか難しいですね。このアルバムは持っていてもいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る