続々々・アイポッド nano 不具合

iPod nanoが返ってきました。予想はしていましたが、結局はそのまま何もせず、「申告の症状が確認できませんでした」という結果。

一応再度試してみるものの当然同じ。音楽が途中で途切れてしまう。一体どういう検証を行なっているのかはサッパリわからないけれども、こういう結果はやっぱりガッカリだ。もちろん直らなかったことや、症状を確認してもらえなかった事も残念だけど、何より小生が根拠のないクレームをつけていたような感じになってしまう事にどうにも脱力感を感じてしまう。
この結果を予想していたとあって、対策…というより頭を切り替えた。
とりあえず最初に買ったトランスミッターが一番安くて音もよかったのだが、かみさんにあげたので同じものを購入。ヘッドホンジャックより音を取るトランスミッターと検証用に購入したトランスミッターは既にヤフオクに出してあり、入札も入っている。今晩には落札者が決まるだろう。
それと、新しく普通のiPodを買った。まったくこの点に関してはまんまとアップルの術中にはまったようなものなのだけれど、こないだ出た新しいやつではなく、旧型の20GBのものが処分価格で出ていたもの。iPod nanoは4GBの新品で27800円だが、この処分iPodは20GBで26800円。もともと4GBでは容量が全然足りなかったし、音が途切れたり出なかったりする心配も皆無。かと言ってnanoが無駄なわけではなく、こちらの方がデザインなど、モノとしての魅力は大きいし、持ち歩き(特に夏場)はそのポッケに入るスリムさが有り難い。
というわけで、今回の結果に関わらず、楽しいiPod生活はできるわけだが、今回一番の被害者はある意味かみさんだ。せっかくあげた(しかも安くない)プレゼントが使い物にならなくて、修理に出しても相手にされないシロモノだったなんて…。アップルもその辺もう少し考えて欲しい。今まではアップルが好きなマックユーザー(ある意味信者)が対象で、程度の低いサポートでも済んだかもしれないけれど、iPodがブレークしてからはそんなユーザーばかりではないはずで、強化が必要なはず。アップルの他社には見られないイノベーティブなところは尊敬するが、そろそろサポート体制もしっかりしてきてもいい頃だ。
で、もちろんこのまま引き下がるのも癪で、ちょうどPowerBookのネジが1個とれちゃったので、アップルストアに修理に持っていきがてら、店員さんのnanoを借りて比較検証。目の前で状況を確認してもらいたい。

続々々・アイポッド nano 不具合」への1件のフィードバック

  1. Appleのコールセンター、本当にひどい せっかく5G買ったのにさ

    Apple iPod 30GB ホワイト [MA002J/A]
    今日は久々にぶちきれましたね。APPLEのコールセンター、ひどい…。

    せっかく5G iPodを買ったのに、買った次の日にホイールの右のボタンが効きづらくなったんですよー。

    つながりにくいコールセンターにかけたら「本体だけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る