今日、注文しておいたフェイゲンの新作が届きました。


まださほどしっかりとは聴き込んでないけれど、なかなかの意欲作と見た。

全体的にジャジーでしっとりとした傾向の仕上がりにニンマリ。スティーリー・ダンの活動も含めれば、このところ創作活動も続いているからだろうか、曲そのものやアレンジがかなり練れているようで、それはバックとヴォーカルの一体感や、少なくなった音数、間の取り方などからも感じ取れる。

また、フェイゲンのヴォーカルがちょっと引っ込み気味になった録音などは、往年のスティーリー・ダンの時のバランス感を思い起こさせる。個人的にはドラムの音がここ最近のようなバチャンバチャンした音でなくなったのが嬉しい。

もう何年も待たされる事自体には慣れてしまったが、できればこのまま活動を続けて、より昇華された作品をリリースして欲しいところ。

[`evernote` not found]