Kahan Plus

クラシックコンサートに行こう

よーし、クラシックを聴きに行くぞと思ったのは、ルツェルン・フェスティバル・イン・東京の情報がとびこんできたからだ。

ルツェルン・フェスティバル(Lucerne Festival)は、1938年にスイスのルツェルン湖畔にあるワーグナー邸前で行なわれたトスカニーニ指揮によるガラ・コンサートより、70年もの伝統を誇る世界有数の音楽祭である。
今回の東京公演は、サントリー・ホールで10月11日から19日まで様々な演奏が行なわれ、「一度は聴きに行かなくては」と思っていたマウリツィオ・ポリーニが来日する。現代最高のピアニストのひとりと言われるポリーニが、生涯かけて磨いた技術と、時によって熟成され、身につけたとされる深い味わいを聴くには、まさに今がジャストタイミングではないだろうか。プログラムにはそんな彼の「ピアノリサイタル」もあったのだが、それよりも小生が目をつけたのは「オーケストラ コンサートII」。なんとブラームス ピアノ協奏曲第2番とブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」という小生の好きな曲目が演奏され、またガンを克服して復活したアバドとの競演もとても興味深い。これで行かずにいつ行くかというわけである。
昨日のお昼から先行予約が開始され、30分以上ネットと電話でねばり、やっとこさゲット。何しろこのためだけに主催のカジモト会員になったのだ。それにしてもこの演奏会、高い!S席45,000円/A席38,000円ときて、一番安いD席でも17000円。これはもうオペラ並みである。
ネットが繋がった頃には安いD席は既に売り切れ、ブービー席である。
ともあれ10月まではまだ半年もあるが、高校以来のクラシックコンサート。いまから楽しみだ。

[`evernote` not found]

Categories: Music

そしてまた再出発 » « 抜け毛の気になる季節

2 Comments

  1. もの凄くご無沙汰しておりました~
    音楽ベタな人なのですが、私も機会があったらクラッシックを聞きに行ってみようと常々思っています。しかし、これは凄く高いですね。それだけ良いんでしょうねきっと。
    今年はモーツアルト生誕250周年ということで彼の名を冠したイベント多いですね。私もGWの国際フォーラムの催しもの1枚とりましたが…1500円です(爆)初心者には丁度いいかなと。

  2. napoさん>>
    どもー。どうです?元気にしてますか?コンサートですけど、これだけ高いと良いと思い込んだ方がよさげですが、一度はナマで見てみたい人なんで、同じ空間にいるだけで、もう満足かも知れません。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2019 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑