Kahan Plus

[Challenge100] お茶、はじめました

お茶、はじめました!と言っても喫茶店でも茶道のお稽古でもなくて、お茶の栽培です。

[Challenge100] お茶、はじめました

これまでは畑と道路との間に柵も何もなく、丸見え状態でしたので、何か立てたいとは思っていました。手作りの「土塀」なんか楽しそうですが、それと同じくらい魅力的なのが「お茶の生垣」です。

以前より義父がお茶の栽培をしていて、出来たものを送ってもらっていましたが、これがとても美味しくて、お願いして苗木を分けてもらう事に。で、1年ほど見てもらっていた苗木を先日帰省の際にもらってきたので、早速植える事に。

調べてみるとお茶の木は1mほど根が深くまで延びるらしく、久々の穴ホリック。道路と並行に約5mに渡って7〜80cmほど掘り下げました。

[Challenge100] お茶、はじめました
お茶は野菜たちと違って酸性よりの土を好むそうで、石灰はまかず、牛糞を施肥しました。溝を埋めてさらに畝状に土を盛り上げます。


牛糞堆肥は結構深くてすぐに効くものでもないので、硫安を2握りほど蒔いて10本の苗木を50cm間隔で植え、たっぷり水をやりました。

これらがうまく育ってくれたとしても、お茶として収穫できるまでには3年ほどかかると思いますが、どういう風に面倒を見ていったらいいのかサッパリです。椿と同じようにやっかいな毛虫も付くでしょうし、どうやら近くに茶園があるそうなので、教えを請いにいってみようかしら。

[`evernote` not found]

Categories: Cultivation

新型フィエスタでアラウンド房総 » « 平等院と姫路城、創建時の姿に酔いしれる

2 Comments

  1. 私が幼い頃、庭にお茶の木が植えてあった記憶が有るけど、どんな手入れをしていたのか全く記憶が無い(笑
    近所のばぁちゃんがお茶植えてた筈だから、聞いてみようかな、この辺の気候では参考にならないだろうけど。

    • Kahan

      2014年9月18日 — 8:23 AM

      やっぱり生業とする農家の方と、自分用の家庭菜園とでは違ってきますんで、そう言う点では近所のおばあちゃま、頼りになります。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

Copyright © 2019 Kahan Plus

Theme by Anders NorenUp ↑