春の風物詩

季節を感じることって言うのはいいもんですね。最近は若干年齢を感じるので何とも言えない部分もあるのですが…。

今年も赤穂の祖母から春のお便りが届きました。関西、とくに兵庫ではメジャーなのかな?「いかなごのくぎ煮」。これさえあればご飯がすすむすすむ。
家庭によっては一度に10kgも煮込むところもあるとか…。また、兵庫の郵便局には送る時に貼る「いかなごくぎ煮シール」もあるようで、しっかり貼られてあった。
今回は買い出しなど介護のヘルパーさんに手伝ってもらって煮る事が出来たそうだが、今年もこの味を食べられた事に感謝。そして来年もまた、婆ちゃんのくぎ煮を食べられる事を願っています。

カテゴリー: Lifeタグ :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る