黒字にはなったけれど

今日、税理士さんに呼ばれて事務所に伺ったところ、決算書ができて、納税額が確定しましたとの事。

しかし額をきいてビックリ。「法人税たかっ!」
だいたいそんなに一遍に支払ったら、銀行の残高がなくなっちゃう。これっておかしくないかな?
それでも今回は前期の赤字補填があるのでまだこの程度ですんだという事らしい。
もし今期の売り上げが前期と同じなら、赤字補填がない上にautomotivedesignの経費が無くなった分の利益が出てしまうため、それはもう大変な事に。もちろん給料を上げているからそれだけ経費もかかる事になるのだけれど、とりあえず税理士から薦められたのは生命保険に入る事。節税対策にもなるし、経営が苦しくなった時に売却して補填するような使い方も出来るらしい。
いや~黒字になったらなったでいろいろと考える事があるのねー。

黒字にはなったけれど」への2件のフィードバック

  1. 黒字でも素直に喜べないのねぇ。
    生命保険って売却して少しは利益ってでるの?
    うちのは死なない限りダメそうだけど(笑)

  2. mika>>
    ちょいぶり。利益出すためのもんではないからねー、そうはいかないけども税金対策としてはかなり一般的なものらしいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る